2011年04月

2011年04月19日

2011 春のいろいろ 〜 東京マラソン 2500円ランチ

DSC_0023


桜も終わり 待ち遠しかった春も あっという間に来てしまいました。

毎日余震が続き 落ち着かない日々ですが
我が家の花たちも春を迎え 毎年同じように花をつけています。

今年の春は 温泉を二か所予約していましたが
やむなくキャンセルしました。

海棠


一つ目は 伊豆高原近くの 赤沢温泉 「 赤沢迎賓館 」 です。
こちらは DHCが経営する大人のお宿で お隣の赤沢日帰り温泉の施設も
使える、温泉好きにはうれしいお宿です。
深層水のスパが気持ち良いようで いろいろプランもあります。
地震後 伊豆地方も計画停電予定地に入っていたので 
残念ながらキャンセルしました。
この先は計画停電の心配もないようなので 季節のよい時に
ぜひ行きたいお宿です。

もう一ヵ所は 宮城県遠刈田温泉にある  「 蔵王 竹泉荘 」 です。
こちらは 地震の被害はそれほどではなかったようですが
諸般の事情をかんがみ、 お宿自体が休館となったようです。
私もとても楽しみにしていたお宿でしたので 本当に残念です。
お宿のブログにもスタッフの方の無念の気持ちが表れていました。
一日も早い 再開を心から祈っています。

キャンセルの連絡をするには とても心苦しい思いをするものですが
この二つのお宿は 素晴らしい応対をしてくれました。

どちらも対応は男性でしたが こちらの気持ちの負担のないように 
気持ちよく取りはからってくれ この先も 心から応援したいと
思わせてくれる大人のお宿でした。

もっこうバラ


さて 前回のブログでお話しした 電気料金のお話です。
検針ができなかったので 3月分は2月分と同じ料金を引き落としますよ、
というお知らせが来たという件の続編です。
その1週間後位にまた葉書がきて
3月分の電気料金の差額については 4月分で清算するということ、
今回の取り扱いについて説明が不足していたこと、の
2点のお詫びの内容でした。

やはり突然のお知らせに びっくりした方が多かったのでしょう。

検針ができなかったことは 仕方のないことですが 
このようにきちんと説明することで みんなの理解も得られると
思いますので このお手紙を見て 安心しました。 

ツーラントッド1


さて 私の春の覚書きです。
いずれも震災前のお出かけ 2500円の素敵なランチです。

2


「 トゥーランドット游仙境、横浜 」 、 パンパシフィック横浜ベイホテル東急内にある
脇屋シェフのお店で 中華料理です。

春のランチ + ドリンク 税、サ込 5000円が 2500円 になるという
大変お得なチケットを 一休マーケットで見つけました。

3


コースは ↑ 左側のメニューと同じでしたが
前菜が右側のメニューの 「 九種の前菜盛り合わせ 」 になっていました。

4


ウエルカムドリンク

5


九種の前菜盛り合わせ

6


スープの次が オマール海老の朝天唐辛子いため。
とってもたくさん出てきたのでビックリですが これで3人前です。
見た目よりは辛くなく おいしいオマール海老でした。

7


この後は イベリコ豚のロースト、
坦々麺か スープヌードルの選択
そしてデザートです。
デザートは テーブルに供されるもの一品と
その他に デザートビュッフェも付いていました。

8


9


お天気もよかったので 横浜のみなとみらいの景色も味わえ
大変気持ちの良いランチをとることができました。
2500円ランチ とっても美味しく頂きました。

10



さて だいぶ時間もたってしまい はるか昔の出来事のようですが
「 東京マラソン 」のことも記しておきます。
次女が応募して見事当選、 でも初めてのフルマラソンです。

応援は 私と長女 + 前半だけ息子です。 

東京マラソン1


なにぶんにも 初めてなので どのような応援ができるのか
はたして 大勢の中で娘を見つける事が出来るのが
とても不安でしたが 意外とランナーとは会えるものなんですね。
( タイム重視のランナーだと こんなのんきなことは
言ってはいられないけれど 娘の場合 完走が目標だったので )

どなたかの次回の応援の参考になればと 
気付いた事を書いておきます。

2


ランナーの関門 ( 5キロごとに関門があります ) 通過時間が
携帯やパソコンでわかるサービス 「 ランナーアップデート 」
がありましたので ( 名前やナンバーを入れると 何時何分に
何キロの関門を通過した時間が わかるのです )
これを利用して 応援場所や時間を計ることができました。

本人もマラソン中でも携帯を使って話すことはできるので 
あらかじめ決めておいた応援場所近くになったら 
お互いに連絡することはできるのです。

まず最初に 私は 日比谷公園の 日比谷花壇前で応援することに
決めていました。
直前に 10キロの関門地点があるので 時間がわかりやすいからです。
日比谷花壇入口、 つまり向こう側は帝国ホテルです。

3


こんな雰囲気で 走っている人のすぐそばで声援を送る事ができます。
娘と電話で連絡を取り 無事会うことができました。
この日は暑かったので 娘は1枚上着を脱ぎ、それを私が受け取り
写真を撮ったりして少し歓談し また元気に走って行きました。
 
4


次は 三田周辺と決めていました。
私たちは地下鉄で移動、
東京メトロと都営地下鉄の共通一日乗車券 千円 は必須です。
日比谷、銀座付近は 見学者もたいへん多いので駅も大混雑
ものすごい人々であふれかえっていました。
マラソンの応援って 応援する人もマラソンルックの方が多いんですね、
びっくり!
皆さん地下鉄の中では 地図を広げ 携帯や Iーpadなどを駆使し
情報を集めていました。

三田周辺は 息子、娘ともに 詳しい場所なので 
観戦場所は子供たちに任せ 詳しい待ち合わせ場所は決めて
いなかったのですが なんと 往路と復路の場所を間違えて
反対側で応援してしまい 結局 娘には会えず、 
う〜ん、 やっぱり私がしっかり把握しておけばよかったです。

結局 この場で少し待って 復路で応援することに。
こういう間違いって よくあるようです。
三田周辺は 往路、復路ともにランナーが同時に走っている
時間帯があるので 応援する側を間違わないようにしないといけません。
どちら側を走るのか 事前によく調べておくことが大切です。

5


最初の応援場所 日比谷付近で見かけた 衣装をつけている人 
特徴のあるコスプレをしている人 それらの人が 
だいたい同じペースで走っているので 次の場所でも
その人たちを見つけると あぁ 娘も もうすぐだな〜と
目安がつきます。

コスプレですが キティちゃ〜ん ミニ〜ちゃ〜ん、 などは
名前で応援しやすいのですが 名前が何だかわからない動物の
コスプレをしているランナーも多かったので みんな
「 かえる〜 」  「 かっぱ〜 」 なんて言って
応援しているのが ほほえましく面白かったです。

6


↑ このイエスキリストは 最初からすごく目立っていました。
日比谷の時点で もうすごく苦しそうで 引きずるように
走っていましたので 最後まで行けるのかしら?と
とっても心配していましたが ずっと 苦しそうなそのお姿で
走り続けていました。

この人、 意外とマラソン界では有名なようで
「 キリスト〜 大丈夫かい〜 がんばれよ〜 」 なんて観客が言うと
「 イエス!!! 」 って答えていました。
このかけ声も いつものことなのかもしれませんね。
いろいろな大会に出ているようです。

もちろん イエス様は 完走していましたよ!

7


さてフルマラソン初めてランナー & 応援初めてサポーターの私たちの
強い味方が 「 東京マラソン 」 のHPにあった
「 ランナー通過予想時刻 & サポーター応援モデルルート 」 表でした。

8


ランナーのレベルに応じた関門通過時刻と その時点での 応援場所の
目安が書いてある一覧表で 東京メトロの地下鉄案内付きです。
初めてのフルマラソンだったので 5〜6時間を目安にしていた娘の
だいたいの時間がわかり それをもとに 私たちも移動して応援しました。

トップのランナーの方たちは早いので 数ヵ所で応援することは
叶わないと思いますが 記録ではなく完走を目指している娘の場合は
トータル6ヶ所で応援することができました。

それでも 地下鉄に乗って 先回りして娘を待つのは 結構時間的に
忙しく 私たちも移動中は 駆け足で行動していました。

果物を配っている人 おにぎりを差し入れている人
ロッキーのテーマをかけて みんなを応援している人
中継車や芸能人 さまざまな人々を見ることができて
とっても楽しいひと時でした。

佃大橋で 「 骨髄移植財団 」 のたすきをして走っている人がいて
思わず私は大きな声で
「 こつずい いしょく〜〜〜ぅ!!! 」 と叫んでいました。
なんだか嬉しかったです

9


私は 娘が完走できるなんて思っていなかったので 
最後のゴール付近で娘と出会った時には 本当に感激しました。

娘の職場は たまたま マラソンコースに面していたので
職場の皆さんも 行き、帰りともに応援してくださり 
みんなの声援があったからこそ走れた、 と言って喜んでいました。

疲れも見せず ゴールした娘は
まだまだ ずっと走って行ける気がしたよ、 とも言っていました。

今年はお天気に恵まれたので ランナーも気持ちよく走ることができ 
応援も楽しく 私も とてもよい経験ができました。

ランナーの皆さんは それぞれ仲間や家族に出迎えられ
すがすがしいお顔で ゴール地点のビックサイトを後にしていました。。。。

10




さて最後に お友達からのご紹介で行ってきた素敵な和食のお店です。

ゼックス愛宕グリーンヒルズ


ゼックス愛宕グリーンヒル内にある 「 炙り焼き & すし An 」 です。

2


愛宕森タワー42階にある 見晴らしの良いレストランで
42階ワンフロアーをすべて使っていますので 場所によって
東京のいろいろな景色が楽しめます。

入って右側には イタリアンレストランの 「 サルバトーレクオモ 」 があり
左側には 「 An 」 があります。

3


平日 13時以降限定のレディースランチ
「 プレミアムランチ 」 2500円 をいただきました。

4


お天気が良かったこの日は 遠くに 東京スカイツリーも見えました。
この日は椅子席の個室でしたが 堀炬燵形式の個室もあります。

5


ウエルカムドリンクは ビール ワイン カクテル ソフトドリンクなどから
選べます。  ↓ これは ミモザだったような。

6


前菜

7


お造り

8


日向鶏の炙り焼き

9


彩り散らし寿司

10


デザート コーヒーです。

11


このラインナップ、 素晴らしくおいしかったです。
おすしも 本当においしい!! うまうまでした!
これで2500円は 本当にお得です。 
おなかいっぱい、 ごちそうさまでした。

あまりにおいしかったので この後 また別のお友達を誘って
もう一回行ってしまいました。

和服で接客をしてくれるきれいなお姉さんは 松下奈緒似の
とっても背の高い素敵な方で 広い店内を案内してくれました。

1時からなので 2500円という嬉しいお値段になるのでしょうが
このビルの1階には スタバも入っているので まずスタバで
ちょっとおしゃべりして 1時になったら こちらのレストランに行くという
コースがいいかな、 と思いました。
皆様も、ぜひどうぞ!

カウンター席もある 天空のレストランでした。

12



さて 明日からお友達と ソウルに行ってきます。
震災の影響で 旅行に行く方も減っているのでしょう、
ANAの 成田発のソウル便は運休しています。
私たちの乗る大韓航空も 飛ぶのかどうか心配していましたが
無事 予定通り いける事になりました

また ガルーダインドネシア航空も バリ島への直行便を運休
しています。 ( GWを除く5月末まで )
JALが バリ島直行便を昨年廃止したので バリ島へ行くお客様が
だいぶ減ったと言われていましたが 今回の震災で さらに少なくなったようで
日本からバリ島への直行便は なくなってしまいました。
5月末にバリ島に行こうと 秘かに画策していた私には 
とってもショックな出来事です。
( バリ島に行くには ジャカルタ乗り継ぎになります )

DSC_0052


先日我が家のお隣のお家で ( お家にコンサートホールがあるのです )
チャリティのコンサートがあったので 母と参加してきました。
入場料がすべて震災に寄付されるというもので
( クラシックのコンサート ) 大勢の方が聴きに来ていました。

私もこのような時に 旅行に行くのには 気が引けていましたが
コンサートに行ったことで 気持ちも暖かくなり
やっぱりみんな活動して 元気にならなくてはいけないと思いました。

今週あたりから GWに旅行に行こう、 という機運も
高まっているような気がします。

それぞれにかかわって働いている方も大勢いるので
経済を活性化して 少しでも早く復興するよう できる範囲で
行動したいものです。

DSC_0049


今日は銀座に出かけたので 帰りに 岩手県のアンテナショップ 
「 銀河プラザ 」 に寄り 食材のお買い物をしてきました。
寄付をしたり 東北の物産展に足を運んだり それぞれできることを
少しずつ継続的に続けることが 日本を、東北を 応援していることに
なるんだと 思いを新たにしました。

DSC_0007


↑ 今年のお花見のテーブル。
八竹の黄身寿司がメインです。


最後に一つプチ情報です。
横浜市だけのサービスなんですが 地震の震度が地域ごとに詳しくわかる
サイトがあります。 こちらです。

これは東京ガスが設置している地震センサーを元に計測しているもので 
気象庁発表の震度とは少し違いますが 私の感じとしては 
より体感に近い気がします。
自分の区を選んで 地震の日時を選ぶと 住んでいる所のかなり近くの
計測地点での震度がわかります。

横浜市の皆様は 参考にしてください。

余震が早くおさまりますように。。。


では 行ってきます。



murakinoriko at 16:13|PermalinkComments(7)TrackBack(0)グルメ | 生活