2013年02月

2013年02月16日

2013年ランチ 〜 2013、2 JALスカイスイートで行くロンドン、パリ 準備編

シャングリラから見る東京の空


前回のブログでお話ししたとおり 今日から ロンドン 〜 パリへ
行ってきます。
簡単になりますが 旅の準備を記しておきたいと思います。

最近行ったランチの写真も見てください。

↓ まずは 自由が丘~都立大 近くにある 八雲茶寮です。

八雲茶寮


名前の通り 目黒区八雲に3年ほど前にできた 一軒家の和菓子と
お食事のお店です。

和菓子 「楳心果」


今回は ランチでお邪魔しました。

ランチは3500円と5000円です


とっても素敵な一軒家なのですが 写真を撮っていいかお尋ねしたら
お料理の写真 ( の周辺というニュアンスでした ) はOK 
ということで 素敵なお家をお見せすることが出来ず残念なのですが
雰囲気だけでも お伝えできたらと思います。

BlogPaint


ランチ23


45


自由が丘在住のマダムが 以前から 皆さんで行きましょうと
誘ってくださり 今回は大人数で伺いました。

6


7


ちょっと敷居が高いような感じですが スタッフの方達は
お話ししてみると 意外と気さくに接してくれて 
この一軒家の改装のお話など 大変興味深く聞くことが出来ました。

夜はご紹介制ということでしたが 一度 ランチに伺えば
夜の予約もできるそうです。

8窓辺


↓ 素敵すぎて 思わずとってしまったトイレの写真です。

タオル



↓ 次は 「 シャングリラ東京 」 の イタリアンレストラン 
「 ピャチェーレ 」 のランチです。

シャングリラ東京


この ピャチェーレ という名前 すごく言いにくいし
覚えにくい名前です。
もう少し言いやすい名前のレストランならいいのですが 
ピャチェーレって 一度で言えたためしがありません。

シノワズリーなロビー


ホテルのロビーはそれほど広くはありません。
ほかの国のシャングリラに比べると ちょっと 狭い感じです。

が、 館内は とっても豪華!

廊下イタリアンレストラン、ピャチェーレ


↑ シノワズリーあふれる廊下です。

静かな店内


イタリアンレストラン 「 ピャチェーレ 」 です。

店内2


豪華な内装で 落ち着いた室内です。

窓から


店内は 2、3人のマダム、 外国のビジネスマン、 大人の家族
という雰囲気で スタッフさんもきちっとしていて 
ちょっと 緊張する感じです。

お席1お席2


素敵なお席は いろいろあります。

前菜はビュッフェで


今回は 一休のランチプランで スパークリングワイン1杯 前菜ビュッフェ 
メイン デザート コーヒーで 税 サ込み3500円 というお値段でした。
期間限定のプランだったので かなりお得なお値段になっていたようです。

 
私の前菜


さて 私たちの結婚35周年ヨーロッパ旅行は
ロンドン 2泊  ユーロスターで移動し パリ4泊になりました。
前回もお話ししましたが ヨーロッパまでのビジネスクラス運賃が
大変高いので 個人手配をあきらめ JALパックにしました。

メインデザート


当初は 気持ちが悪くなるほど熱中して 安いビジネスクラスを
探しましたが ソウル乗継は ウオン高で それほどお安くならない上に
雪での欠航や遅れなど この時期 いくつかの飛行機を乗り継ぐのは
リスクが高い ということで断念しました。

 
ピャチェーレの文字入り


香港やタイでの乗継は 天候の心配はないけれど 時間がかかる
ということで ( 今回は娘も一緒なので 直行便がいいかなと )
これも断念。
主人は 時間はかかっても 色々な飛行機に乗れるというのを
喜ぶので 二人ならばいいのですが。。。

お花


ということで いろいろ考え やっぱり JALの直行便で行くことに
決めました。
そして JALパックなら 個人手配の飛行機代の値段で
飛行機 + ホテル のツアーがあったということで 
それに決めました。

というか これしかなかったのです。

トイレ


旅行会社のヨーロッパツアーというと 朝から晩までの 
充実な観光つきが主で 個人で回る自由時間のあるツアーは
あまりないのです。
あったとしても 私が調べた感じでは 大変高い値段になっていました。
その点JALパックは 添乗員付きのツアーのほかに
別パンフレットで 個人旅行のフリーステイコースがあるのです。

ad16c818 - コピー


娘の会社の 福利厚生を利用すると パッケージツアーが
JALパックは8%引きになるので ここで申し込みました。

JALパック個人旅行フエイーステイロンドンパリ


↑ フリーステイ ロンドン・パリ 8日間です。
 
 ( 写真をクリックすると拡大します、
 もう一度クリックするとさらに大きくなります。 )

( 7日間の日程に 1泊パリを延泊しました )

いつもは JALパックに直にお願いすることが多いのですが
今回は 代理店経由だったので 席の予約や 質問などが
つねに代理店経由で それがちょっと面倒でしたが
迅速な対応をしていただき よかったです。

そ、そ、それに ロンドン行きは ( 今の時点では偶数日のみですが )
テレビでCMを流している あの新しい機体 JALスカイスイート777
乗れるのです。 ( 2月22日からは 毎日 新しいシートで運行です )

                            ↓ N’EXクーポン

東京オリンピック招致バッチNEXクーポン


N’EXクーポンは 成田エクスプレスが どこから乗っても片道2400円
という切符で 2枚つづり 3枚つづりがあります。
( 一人の往復でも 一人一人の片道でも使えます。 )
成田から旅行に行くという日程表や Eチケットなどがあれば
JRのビュープラザで買うことが出来ます。
( みどりの窓口では売っていません )
( 3月から値上がりしました、詳しくはこちら )

ということで 東京オリンピック招致のバッチをつけて
行ってきます。
次回はJALスカイスイートで行くロンドン・パリ2 B777の機内です。

2013年02月04日

箱根離宮 3つのお部屋 + ( 旅行の計画 )

箱根離宮


2月に入り とても暖かい日になりましたが
インフルエンザもはやっているようなので 
まだまだ気をつけて過ごさないといけませんね。

箱根離宮 入口


さて今回は 昨年 ( 2012年 ) に訪れた 「 箱根離宮 」 の
報告です。

( 今回は 旅の話だけで私の病気のネタはありません←念のため )

 
「 箱根離宮 」 とは リゾートトラストが運営する 会員制の施設
エクシブシリ−ズの一つで ランクとしては上位施設になります。

そんな 「 箱根離宮 」 へは 昨年 私は 3度宿泊する機会に
恵まれました。
その都度 違うタイプのお部屋に宿泊しましたので
3つのタイプをご紹介します。

箱根離宮


箱根離宮は宮ノ下の富士屋ホテルの斜め向かい側にあります。
長い間工事をしていて その間は 全貌が全く見えませんでしたが
こうして出来上がってみると とても周囲に溶け込んで建っています。

ただ 高級な感じだな〜という雰囲気は アプローチから満載です。

ロビー


ロビーは 黒と金を基調とした 堂々とした造りになっています。
以前見学をした リゾートトラストの 「 東京ベイコート倶楽部 」 
と同じような雰囲気です。 ( リゾートですので もう少しカジュアルですが )
( 以前見学させて頂いた際 利用したレストランの様子はこちらです。 )

↓ 館内図です。

箱根離宮 館内図


↑ クリックすると 大きくなります。
もう一度クリックすると さらに大きくなります。

大変ややこしい館内で 1回では覚えられません。

お部屋は 会員権の値段ごとに4つのタイプに分かれていて
上位クラスのお部屋には それ以下のお客様は入れないような
作りになっています。
( 上の館内図の右下 4号棟 5号棟が それです。 )

今回は 上から3つ目のクラスお部屋に2回 
そして 上位クラスのお部屋に1回泊まることが出来ました。

2503号室 洋洋室


まずは 2503号室 洋洋室です。

本来はリゾートトラストの会員権を持った方しか利用できないのですが
なんと幸運なことに 主人の入っている健康保険組合が
こちらの法人会員になっているようで 普通に健保の組合員が
利用できる施設の一つになっていたのです。

それで 健康保険組合に申し込めば 会員権を持っている人と
同じ料金体系で利用できました。

洋洋室 リビングスペース


たぶん 最近は 多くの健保組合がこのようなシステムを
採用していると思います。

リビング


リビングに続くベッド


ですから会員権を個人で持っていなくても 施設を利用できたのです。

↓ もう一つの 独立したベッドルーム

もう一つのベッドルーム(独立)


ただ 2つ、 会員権を持っている会員との差があります。
1、 1か月前にならなければ予約できません。
  ( 会員さんで埋まらない場合 使っていいよ 的な感じ )
2、お部屋の種類が限られている
  ( 我が家の利用している健保組合では 4つのお部屋タイプの内
    下の2つのタイプだけ利用できるということです。 )

( ↑ これは各健保ごとに 条件が違うと思います、
   今回は私達の場合ということです )

1か月前の予約状況が見られるHPがあるので
事前にそれで調べておけば 満室かどうかがわかります。
私はここ1年くらい見ている限りでは 通常は 土曜日以外は
満室になっていることはありませんでした。
平日はほぼ 予約が取れる状態だと感じました。 
( 夏とお正月、連休以外ですが )

この2503号室のお部屋のタイプは ECラージグレードで 
お部屋は洋洋ルーム、 4人まで宿泊でき 1室2万円です。

窓から下を見ると


リビングに続いてベッドルームがありますが 間仕切りはないので
大変広々としています。
大きな窓からの景色も大変眺めの良いもので、 緑あふれるお部屋です

洗面


↓ 次は 2604号室 和洋ルームです。

2604号室 和洋室


お部屋のタイプは やはりラージグレードで
和洋ルーム 5名まで利用でき 1室2万円です。

この時は 女子5人利用でしたので お部屋代は 
何と 一人4千円で済みました。

リビング


こちらのお部屋はリビングにつながって 和室があります。
夜はふすまを閉めて お布団を3つ敷けます。
その他に 独立したベッドルームがあります。

和室


和室1和室2


お部屋代のほかに 夕食代 朝食代は 別途かかりますが
外で食べてもいいし 何か買ってきて お部屋で食べてもいいし
自由な滞在が出来ると思います。

窓から左の景色


洋洋ルーム 和洋ルーム どちらも洗面台は 2ボウルです。

バスルーム洗面


和洋ルームに5人で宿泊した場合 
お部屋4000円 夕食 8400円 朝食2100円 
( お食事代だけにはサービス料がかかります )
計 一人15560円でした。

そして 最後に Sタイプの スーパースイートグレード
専用温泉付きの2ベッドルームのお部屋です。

2ベッドルーム(一番高いお部屋)


こちらの予約は 健保では予約出来ないお部屋です。

たまたまお友達が会員さんだったので その方とご一緒に 
利用させて頂きました。

ベッドルーム1ベッドルーム2


こちらのお部屋は 4人利用で 1部屋29000円です。
( 一人 7250円です ← お部屋代のみです
  これに夕食 朝食をつけて18800円でした )

洗面2タオル


洗面スペース1


やはり お部屋の広さが違います。
洗面室も広々、 お風呂はガラスを開けると半露天になります。

バス


半露店になります


宿泊した日は 雪が降っていたので 景色はのぞめませんでしたが

ベランダ


翌日は晴れたので ベランダからは素晴らしいパノラマが広がっています。

ベランダからの眺め


一番上のクラスのお部屋はそれはそれは素敵で 広くて
お風呂も広々 とっても気持ちの良いものでした。

でも その他のタイプのお部屋でも 内装も豪華で高級だし
全く 遜色はありません。
どちらのお部屋でも大満足な旅行になりました。

大浴場のパウダールーム


( ↑ 大浴場の写真は撮れませんでしたので パウダールームです )

この施設には 大浴場 大きな露天風呂 エステルーム 
魅力的な品揃えのショップなど 色々な施設がそろっています。
このお値段でこれだけの施設やお部屋を利用できるのは
やはり大変お得な滞在だったと感じました。

遊歩道 夕方


↑ 施設内には 遊歩道が広がっていて お散歩もできます。
夕方は大変幻想的な景色を見ることが出来ました。


3度の滞在時のお食事は いずれも夕食は 華暦で8400円+サの初花を 
朝食は ベラヴィスタで2100円+サのビュッフェを頂きました。

↓ 和食レストラン 華暦

夕方のレストラン


夕食レストラン 華暦


夕食の初花というコースは 一番お安いものでしたが
( さすがに高級をうたっているだけあってお食事代は高いです )
3度頂いた限りでは大満足!、 調和のとれた大変美味しいコースでした。

夕食メニュー1メニュー2


ではお食事の写真を見ながら 最近調べている旅行のお話を少し。

和食 華暦


2月は私たちの結婚記念日です。
今年は 結婚35周年ということで ヨーロッパ旅行を計画しました。

前菜


というのは 35年前の新婚旅行がヨーロッパだったからです。

その時は 2月の大雪と重なってしまい 日本を出る時も 雪が降り
パリでも 大雪のために飛行機が飛ばないというアクシデントがあり
パリからドーバー海峡を深夜 船で渡り ロンドンに出て 
何とか日本に帰りついたという行程でした。
私は旅の途中で風邪をひいてしまい パリではほとんど見学もできずに
市内観光のバスの中で ぐったりしていました。

そんなこともあり今回、 もう一度 夫婦でロンドン〜パリに行ってみよう
ということになりました。 
( これに娘が加わり 3人で行くことになっています )

( ↓ お料理の写真は 上のメニューとは違う時のものです )

夕食12

34


ということで昨年末からいろいろ調べていましたが 
あまり調べすぎて 最後は 気持ちが悪くなってしまったほどです。

なぜかというと やはりヨーロッパは運賃が高いので
少しでもお安い運賃を探して 日夜 調べまくっていたからです。
長時間なので ビジネスクラスを利用したいのですが JALだと
週末出発で 往復 55万円くらい ( サーチャージ 税 含む )
お〜〜 高い、高い。


その時調べていてみつけた ちょっとお得な運賃情報を
少しお話したいと思います。
 

 ( ↓ 以下は朝食の様子です、 お外の席もあります。 )

朝食1


まずは トルコ航空です。
いまバレンタイン・ディ キャンンペーンというものをやっていて
2月11日から26日発の旅行期間限定で 日本から
イスタンブール、ヨーロッパ各都市、 往復の代金
2人で エコノミー5万円 プレミアムエコノミー10万円 
ビジネスクラス14万円 というのが出てます!
ふ、ふ、二人でですよ〜〜〜
( サーチャージ税は別途必要です )
予約は電話のみ また 発券後は変更キャンセル不可
マイル積算不可などなど 色々制限はありますが
突然 どこかへ行きたいという人のためには いいですね。

朝食レストラン


次は ブリテイッシュエアウェイズ 英国航空です。
スペシャルオファーとして

これも期間限定ですが ロンドン もしくはロンドン経由、ヨーロッパ往復 
エコノミー4万円〜 プレミアムエコノミー10万6千円〜 
ビジネスクラス 22万円〜 という料金が出ています。
これも サーチャージ 税が別途かかります。
ビジネスでこの料金の場合 日付の変更不可 キャンセルは
出発前は5万円 など条件があります。

その英国航空ですが ソウル発券もあります。
今は 円に対してウオン高で お得感はありませんが 
ソウルからの予約は 日本発の値段よりも 多少はお安い感じです。
ソウル 〜 ロンドン 〜 パリ、 ビジネスクラスで往復で 最安値
サ 税込みで33万円くらいです。
が これに日本 → ソウルの往復チケットを買わなくてはならないので 
それほどお得という感じではないですね。

朝食2


その他 ヨーロッパ行きビジネスクラスで私が検索したのは 
キャセイパシフィック航空と タイ航空です。
キャセイは 日本 〜 香港 〜 ヨーロッパ
タイ航空は 日本 〜 バンコク 〜 ヨーロッパ になります。
平日では サ税込みで 30万円台で 探せました。

どちらも機体が新しく 特にタイ航空は 今年の1月から
A380を飛ばしているので 快適な旅になると思います。
ただこの場合 日本から 香港やバンコクに行く分
それだけ距離も長くなり そのぶん 時間も多くかかるようです。。 
参考までに タイ航空 ビジネスクラス正規割引運賃はこちら )

朝食


いずれにしてもヨーロッパは遠いので それなりにお金がかかることが
よ〜く分かりました。

あんなに探した結果 私が組んだロンドン〜パリの旅は 
JALパックになりました ( 汗 )  くわしくは次回に。


話は戻って箱根ですが
箱根旅行でのランチで利用したのは
↓ 仙石原の アルベルゴバンブー

箱根仙石原 アルベルゴバンブー


前菜の数々


いつもながらの丁寧は接客と 素敵な内装 美味しいお料理
ゆっくりさせていただきました。

↓ もう一カ所は  小田原駅から15分くらい歩いたところにある
小田原城一望のカフェ 「 城山カフェ 」 です。
(今 検索したら なんとこのカフェ 昨年で休業したようです。
まぁ びっくり! 残念ですが今は営業していないようです )

城山カフェ


城山カフェ2小田原城


最近、 小田原の城山地区には カフェがたくさんできているようで
小田原駅構内の観光協会のようなところで 
「 このあたりでゆっくりおしゃべりできるところは ありませんか? 」
と聞いたら 城山地区のカフェを紹介されました。

私が ちょっと うがった感じで それを紹介してくれた人に
「 そのお店、 15分も歩いて行く価値 ありますかね〜 」 と聞いたら
「 充分ありますよ! 」 と自信を持って答えてくれました。

その通り 気持ちの良いカフェでした。
お城の見えるカフェって 初めてでしたが いいものですね。

小田原城ママ正面のカフェ


では次回は 2月に行く ヨーロッパ旅行の手配 準備編です。