2013年10月

2013年10月31日

2013,5 沖縄 ザ・テラスクラブ アット ブセナ 1

箱根 仙石原のすすき


今年は あっという間に秋から冬が来ようとしています。
↑ 写真は 箱根仙石原の ススキです。

秋は ちょこちょこと検査があり なかなか更新できませんでした。
今の病気の検査以外にもいろいろとあって。。。。

前の先生が 最後の挨拶代わりに私に言った言葉が気になって。
「 今の病気はコントロールできたとしても ほかのガンにかかる
可能性が高いよ 」 という言葉です。

それ以降 ちょっとの体調の変化でも ドキッとしちゃって。。。。

箱根 とらや工房


↑ 御殿場の 「 とらや工房 」 のカフェ
  ガラスの中で職人さんが和菓子を作っています。

本当に 失礼しちゃうわよね〜
この先、 自分が最後まで面倒見れない患者さんに
なんであんな捨て台詞みたいなこと言うのかしら?
罪作りよね〜  プンプン!
本当に 「 私 」 が かわいそうです。

テラス席でお茶


↑ とらや工房のテラス席で お茶とお菓子を 500円。

で、 で、 でも。。。  そうそう 忘れてたけど
今まで 先生の毒舌があったこそ 負けないぞ、 という気持ちで
ここまで来たのでした。
だとしたら この最後の毒舌も これからも負けないで、 という 
あの先生らしい私へのエールだったのかもしれません。
( いやいや それは ないだろう、 でも まぁ。。。 )

しかたがない、 そう思うことにしようっと!

ということで いくつか検査を受けていますが
そんなことで びくびくしてたら もったいないよね〜
だから 9月は 遠刈田温泉の竹泉荘 〜 山形の時の宿すみれ
に行ってきました。
どちらも すごく良かったです、 沖縄の次にお知らせしますね。


さて だいぶ季節外れの内容になってしまいますが 
2013年5月に訪れた
沖縄、 「 ザ テラスクラブ アットブセナ 」 の様子を
綴ってみます。

2013,5 沖縄へ


GWもお仕事だった主人が 沖縄でのんびりしたいというので
以前から ブセナテラスのスタッフさんに勧められていた
「 ザ テラスクラブ アット ブセナ 」 滞在の旅行を
5月中旬に計画しました。 ( NYに行く前の旅行です )

 
羽田 さくらラウンジ


主人は 仕事を午前中で切り上げ 午後から2泊3日の旅行です。

羽田 さくらラウンジ


午後の出発なので 沖縄に着くのが4時過ぎ そしてレンタカーを借りて
高速で 名護のホテルまでは 空港着から2時間くらいかかります。
夏の繁忙期だと 空港からレンタカー屋さんまでのバスに乗るにも
かなり時間がかかります。
そしてレンタカー屋さんに着いてからも カウンターでの手続に
さらに時間がかかります。

今回は 夕方着なので それほどの混雑はないと思いますが
少しでも早くレンタカーを借りたいと、 いろいろネットを探すと、 
あるんですね〜  こういうプランがありました。
「 ファースト25 」

↓ 「 ザ テラスクラブ アット ブセナ 」 入口です。

テラスクラブ外観


このプランを利用したおかげで 那覇空港に到着してから 
レンタカー出発まで 本当に25分でした。
( 1日目の16時〜3日目の15時まで、 Sクラス9880円でした )

ファースト25のおかげで まだ明るいうちにホテルに到着出来ました。
( ↓ 写真は夜 撮ったものです )

ホテル入口


「 ザ テラスクラブアットブセナ 」 はブセナテラスに向かう道の
右側に入ったところにあり お子様は宿泊できない大人のホテルです。
外観はマンションチックな建物ですが ロビーを入ると。。。

テラスクラブアットブセナ ロビー


ロビーの向こうは 海!
開放的なロビーです。

ロビー


あいにく沖縄は すでに梅雨に入ったところで
いつもの素晴らしい景色は望めませんでしたが
それでも やっぱり沖縄の海は とってもきれいでした。

オープンエアーなロビー


ロビーで手続きをして 黒糖ジンジャーティを頂きました。
凄く美味しいジンジャーティ、 レシピも頂きました。

ロビーの向こう側の海辺はこんな風になっていて 
いつでもオーシャンビューを楽しめます。

ロビーの外


私たちのお部屋はオーシャンビュールーム3901です。

さぁ向かいましょう

ロビーと宿泊棟を結ぶ回廊


お部屋のタイプは4種類あります。

下の館内図を見て頂くとわかるように 建物はL字型になっています。
右側の4部屋が ブセナテラスへ入っていく道沿いが見えるお部屋で 
2,3階が クラブデラックス 4階以上が ブセナ側の海も見える
クラブデラックスサンセットと 名づけけられています。

こちら側は ブセナテラスの施設が見えるので夜景もきれい楽しめます。

館内図3901号室


そして 下側の4室が クラブデラックスオーシャンです。
そのうち 真ん中の2室は2ベッドルームになっています。 ( 6〜9階の場合 )

こちら側は遮るものが全くない 素晴らしいオーシャンビューです。

どんなお部屋でしょう


デラックスオーシャンビュー


真っ白なベッドが素敵なお部屋です。
間取りは ジアッタテラスのお部屋に似ています。

ベッド


海に向かって半分はベッドスペース 半分がリビングスペースに
なっていて 家具もゆったりと配置されています。

リビング


↓ ベッドからリビングスペースを見たところ。

ベッド側から


右側にドリンクカウンターが その奥はクローゼットです。

テーブル


背の高いテーブルとイス、 
テーブルの上には貝殻を中に入れた万華鏡が置いてあります。

万華鏡万華鏡


ドリンクテーブル


ドリンクカウンターには 湯沸しポットにコーヒーマシーン、
無料のお水 お茶セットなど ( どれも無料です ) が置いてあります。

飲み物他


入口方向からリビングを見る

リビングとドリンク台


そしてベッドの横に バスタブがあります。
バスルームからも海が見えるようになっています。
もちろん しきりには扉が付いているので 
閉めて見えなくする事もできます。

バスからの眺め1翌日 バスから


ベッドからバスルームを見る


ベッドからバス、洗面を見る


↑ バスタブの向かい側にダブルシンクの洗面台があります。

↓ 右の2つのガラスのドアは トイレとシャワールームです。

バスルーム


アメニティは 「 タルゴジャポン 」 ( ブルーのチューブ ) 
小さいですが 化粧水 乳液 クレンジングの3点セット 
( 四角い箱 ← タルゴジャポン製の月桃葉エキス入り )
入浴剤なども ありました。 

バスルーム アメニティ


曇り空ですが 海はこんな感じで見えます。
やっぱり沖縄の海はきれいですね〜

ベランダを見る


ベランダ


↓ お部屋のレイアウトです。

テラスクラブ アット ブセナ


↓ 参考までに ブセナ側の2,3階のお部屋、 クラブデラックスです。
この日は 夕方で曇りだったので お部屋全体が少し暗い感じですが
HPを見ると お天気がいいと明るいようです。

参考 2階のお部屋2階のお部屋


このクラブデラックスのベランダからは 海は見えません。
ブセナテラスに向かう車や人が見えます。
でも 広さや備品などは どのお部屋も同じです。 

私たちは のんびり寛ぐつもりでオーシャンビューに滞在したのですが 
タラソプールを利用したり お昼を食べに外出したり 
無料のアフタヌーンティーや これまた無料のカクテルタイムを
楽しんだりと 毎度のことながら結構忙しく 動いていたので
当初の目的通りに ベランダでゆっくり寛ぐ時間は 
ほとんどありませんでした。

でもやはり 朝起きて まぶしい海を見ることが出来たのは
心も洗われ 素晴らしいものでした。

ホテル外観ホテル外観


お庭には 大きなインフィニティプールと 
タラソプールがあります。
タラソプールは 冬でもはいれるように温水になっています。

水着で入るのですが ラッシュガードや水着用のズボンなども
着用出来るので 恥ずかしくはありませんでした

たまたまお昼に名護方面に行ったので 途中のスーパーに寄り
ラッシュガードなどの水着用品を買いました。 
東京より沖縄のほうが品数も多くて お安いので助かりました。

プールの写真とともに 上記の検査以外の私の話です。
( えっ まだあるんかい病気ネタ? なんて言わないでね )

プールとスパプール


↑ 左がプール 右がタラソプールです。

2年前に 治験を受け 今は 3カ月に一度CT検査と
毎月の診察を受けているところです。
今年の11月末で 治験開始からちょうど2年経つので 
これで治験は終了になります。

本来は この治療を6回受ける筈でしたが 血液値が大変悪くなり
この先 この治療を進めることは危険ということで 
治療そのものは たったの1回で終わってしまいました。

2つのプール


タラソプールは写真禁止ですので 客室の外廊下から
見ることが出来ます。 結構広いんです。

ウエルネスプール


けれど治験というものは その結果を含めての参加なので 
たとえ一回の治療でも その後の 私の様子を 2年間
観察し続けているのです。

途中で 再発したり 別の治療が始まったりした場合は
その時点で治験は終了になります。

そしてありがたいことに 私は今まで何とか 再発は免れ 
こうして生活できています。

だから私は たった一回といえども この治験に参加できたことは
とてもありがたいことだと思っています。

プール


2年間の間 時々 治験を受けた人向けに
新たな副作用や 亡くなった人の人数などが更新された冊子が
手渡され その内容を読んでサインをするという作業があるのです。
前回診察に行った時も コーディネーターさんから 新しい冊子を頂き
新たに書き加えられた事象の説明を受け サインしました。

プール


( ↑ 2泊3日のうち真ん中の日だけ 午後に少し薄日が差してきました。
  やはりお天気がよいと 海とプール、 素晴らしくきれいです。 )

その時 何気なく質問したんです、
「 この薬いつ世に出るんですか? 」 と。

そしたら コーディネーターさんは ちょっと言いにくそうに
「 この治験、 紀子さんが最後で終わるのよ 」 と。。。

( そういえば 最後の枠で入れてもらった治験だったわ。。。)

プール スパ棟


「 えっ終わっちゃうの? じゃ世の中に出ないという事ですか? 」 

たしか本屋さんで読んだ 「 薬特集 」 の雑誌には
このお薬、 今、治験中で そろそろ、 みたいなことが
書いてあったのに。
どうして? と聞くと。。。。

プール


「 個人的にはとてもいい薬だと思っていたのよ、
どうして中止になったのかは分からないけれど 私の感じでは
ちょっと製薬会社の方が ボヤボヤって感じだったわ。
でも副作用とか安全性とかの問題ではないから 安心してね。 」 と。

ボヤボヤって 後手後手というか サクサクやってなかったというか。。。
それほど力を入れていなかった、 という感じなのかな〜

そして 「 でもね、 ○性○ンパ腫では中止になったけど 
白血病の薬としての治験は続いているのよ 」 と言っていました。

プール


そうなんだぁ〜
( 私が雑誌で読んだのも 白血病の薬として、という事だったかも )

私も たった1回しか治験に参加できなかったのだから 
何とも言えないけれど やっぱり ちょっと さみしいよね。
でも 他の治療の役に立つのなら それはうれしいかな。

コーディネーターさんは
「 紀子さんは とってもラッキーだったのよ。
だって このお薬を使うことが出来たのですもの。
この先は もう使えなくなるんですから。。。 」 と言ってくれました。

プールプール


ありがたいね〜 そんな風に言ってくれて。
そうだよね〜
ラッキーだと思わなくてはいけないよね〜

プール


ということで その日は さみしいような ありがたいような
何とも言えない気持ちで 病院から帰ってきました。

世の中に薬が出るということは 大変なんだねぇ〜〜〜

夜のプール


さてさて 綺麗な夜のプールの写真です。

夜のスパ


↑ 森の上にあるのが マリオットホテルです。

夜の回廊


↑ ロビーと宿泊棟をつなぐ夜の回廊です。

夜の寝室


今回は 主人のお誕生日記念で泊まったので
ホテルのテラスメンバーズという会に入会しました。
入会費1万円 年会費5千円、 ですが
ペアディナーと お誕生月に宿泊すると ケーキとシャンパン付き
という内容だったので ( 他にも飲食代やゴルフの割引などあり )
会費分の元はとれるかと思い 入会しました。
詳しくはこちらです。

お誕生日のカード


↓ その お誕生日特典の ( お豆腐の ) ケーキです。

クラブラウンジで


海を見ながらのケーキタイムは それはそれは 素敵でした。

このホテルにはクラブサービスが すべてのお部屋についているので
午後のお茶 〜 夕方のカクテルタイム とお楽しみがいっぱいでした。

次回は お食事とクラブラウンジサービスの様子です。


2013年10月12日

2013,6 初夏のNY、 6日目観光 〜 帰国JALスカイスイート

ブライアントパークから


2013年6月に訪れたニューヨーク、 今回は 6日目の観光と
最終日 (7日目 ) の帰国の様子です。
上の写真は ビルの壁面に映った ブライアント公園の緑です。

↓ ホテルから歩いてすぐの ブライアント公園

ブライアントパーク


今までの旅行記 2013,6 初夏のNY
1、 JALスカイスイート777 ファーストクラス編 
2、 セントレジスホテル 〜 MoMA 〜 Jazz 編 
3、 2日目市内観光 「 マンハッタンデラックス 」 編 
4、 3日目 サラベス セントラルパーク ジャージーボーイ 
5、 セントレジスのお部屋2 と タイムズスクエアのakaホテル編 
6、 4日目観光 〜 ブラピネタ 
7、 5日目、グランドゼロ 〜 ヤンキース顛末記 はこちらです。

公園は緑がいっぱい


↑ 緑いっぱいのブライアント公園

私達が後半3泊したakaホテルは タイムズスクエアのすぐそばで
タイムズスクエア42st 駅は 歩いて3分くらいのところにあります。
そしてタイムズスクエア方面とは反対側に歩いて行くと 
42st. 6aveという駅も 5分たらずの所にあります。
ですから 行き先によって 駅を使い分けることが出来ました。

ブライアントパーク


その42st. 6ave 駅に面して広がっているのが ブライアント公園です。
街中なのに 緑がいっぱい、 出勤途中の人々が コーヒー片手に
ちょっと休んでいる姿が見受けられました。

エンパイアも見えます


↑ この公園からは このように エンパイアステートビルが見えます。
  あぁ〜 ここはニューヨークなんだな、 と 感じることのできる公園です。

NY市立図書館が見えます


広い芝生の公園の先に見えるのが ニューヨーク市立図書館です。
( ここは裏側です )
正面に回ってみましょう。

NY市立図書館 正面


お〜〜〜 堂々とした図書館です。
ライオンもいます。

ライオンが 堂々と


この図書館は10時開館です。

10時開館


このNY市立図書館、 ドラマSATC ( セックス&ザシティ ) で
キャリーが結婚式を挙げた所です。
詳しくはこちらをどうぞ

入口ホール


この図書館は 本当に結婚式が出来るのです。
パーティーなどで貸し切ることができるそうです、が
なんと5時間で300万円だそうです。 ( 先のリンク先情報によると )

NY市立図書館


でも それほどにも 雰囲気のある 素晴らしい図書館です。
重厚な中にも神聖な空気があふれ ガラス窓から差し込む光も
やわらかで。。。。 

図書室入口


天井画も素晴らしい、 美術館に来たようです。

図書室


さて 市立図書館の写真を見ながら NY行きの運賃のお話です。

今回 私たちが乗ったJAL便は マイル特典でとった航空券です。
運賃は無料ですが サーチャージ税金など一人55780円払いました。
( 2013,5 時点の値段です )
今現在 ( 2013,10 ) 普通にJALでNY便を予約すると 
ビジネスクラスは 週末宿泊を条件で 平日一人478000円ほどです。
やはりとても高いです。
そんなこともあり もうちょっと お安い金額でNYへ行かれないかなぁ〜
と いろいろ探してみました。

図書室2


そしたらあったんです、 意外と。

( 以下の金額はすべて サーチャージ税金込みの金額で
 その時期の最安値です、 また それぞれ条件があります )

ANA 期間限定で ( 12月26日まで 予約は10月31日まで )
    「 ビジ割ニューヨークオータムスペシャル 」
    370600円

デルタ ( ANAと同じような条件 )
    ニューヨーク ビジネスクラス
    37万円

う〜〜〜ん、 高いです、 
でもJALよりは10万円ほど お安くなっています。

図書室3


アメリカン航空 ( 50日前の予約 )
   「 ビジネスクラス特別運賃 」 で 
   24万円台

JALと比べると ずいぶんと安いです、 
でもいろいろ制約もあるようなので 条件を満たしていれば 
一番お安い金額ですね。

図書室


最後に直行便ではありませんが キャセイ航空です。
( コメントを下さる kumiさまが プリンスエドワード島ご旅行時に
カナダへのビジネスクラス運賃を調べた所 キャセイが安かった
というのを知り 私も調べてみました )

キャセイパシフィック航空   ( 香港乗り換えですが )
    「 ビジ得3 」 で 
    28万円くらいです。

JALと比べると20万円ほど安いです。
そのかわり24時間かかります。

私は もし今度NYへ行く機会があったら キャセイで行ってみたいな〜
と思っています。
香港乗り換えは 宿泊が必要ない時間帯ですし
( もちろん香港宿泊を 前後につけることもできます )
キャセイの 斜めのビジネスクラス席も体験してみたいし
ヌードルバーで有名な 香港の豪華なラウンジも堪能したいし。。。
なにより お値段と JALのマイルがたまるので。。。

図書室4


などなど いろいろ探すと JALよりはお手ごろな値段で
ビジネスクラスが検索できました。
( あくまでJALよりは、ということです )
やはり NYは遠いので キャンペーン運賃でも高いですね。 

う〜〜〜〜ん。

こんなふうに 行きもしない旅行を色々妄想するのが
今 私の一番楽しい時間です。

エンパイアステートビル、下から


さて 気を取り直して 。。。
市立図書館から 歩いて エンパイアステートビルに向かいました。

入口ホール


事前に JTBの市内観光時に ガイドさんから
チケットを購入しておきました。 ( 一人23ドル )

 
展望階


それほど混んではいませんでしたが 何かアクシデントがあったようで
エレベーターは いったんは展望台階まで行ったのですが 
そのまま下まで下ろされ 再度 エレベーターを乗り換えて 
再び展望台階まで行きました。

何があったのかは 分かりませんでしたが ( 英語の説明が
聞き取れなかったから ) そこにいた人々は
「 なんてこった〜 」 みたいな反応をしていました。

眺め3


この日も大変良いお天気で 展望階から見る マンハッタンは
素晴らしく 感激しました。

そしてこのエンパイアステートビルで もう一つ
感激したことがありました。

ビルに入場する時のお話です。
一人ずつ 入場券を機械に ピッ とかざして 入るのですが
( 飛行機に搭乗する時のように ) 係りの人が チケットを受け取って
その ピッ というのをやってくれるんです。

その係りの方は 黒人の大きなおじさんでした。

眺め2


その列に並んで 少しずつ進むのですが ピッと やるたびに 
そこにいた人々が どっと湧くのです。

おじさんが ピッとやりながら 何かを言っているのです。
そのたびに 一つのグループで 一回どっと湧くのです。
いったい何を言っているのでしょう、あのおじさん。

川の向こうはニュージャージ州


私たちの順番が近づいてきました。
私たちの前のグループは お母さんと2人の娘さん、
そのお姉さんの方は とっても美人でした。

おじさんがチケットを 機械にかざした後 そのお母さんに向かって
「 お嬢さん、すごくきれいだね! 」 と言ったのです。
もちろん そのグループは あら、まぁ わお みたいな感じで
3人は ニコニコして入場して行きました。

ドラマティックシーン2


そして私たちの番です。

私がチケットをおじさんに渡すと ピッ と。
そしたら そのおじさん 「 君の爪は 凄くかわいらしいね、きれいだよ 」
と言ったのです。
あら まぁ 嬉しい ありがとう! と こんな感じでした。

眺め


そうなんです、そのおじさん、
グループごとに 何かほめる事を見つけて 話しかけているのです。

一人 たった2,3秒の事なんですが その時間の中で 各グループ毎に
何か 話すって 凄いことですね、 私は感激しました。

展望階


その仕事自体は 同じことの繰り返しで 新しい発見もないでしょうが
そうやって ゲストを楽しませるというその気持ちが 素晴らしいものでした。
おじさん、ありがとうございます。
まさか 中年のおじさんに 私のネイルをほめられるとは
思ってもいませんでした。
嬉しかったです。

これが今回 私のネイルをほめられた出来事 3 でした。

グランドセントラル駅地下


気持ちよくマンハッタンの摩天楼を十分堪能したあとは
タクシーで 国連ビルにいき 世界の国旗が掲げられている
国連ビルを写真に収めました。
( その写真は 「 一日観光 」 の時のブログで紹介しています。 )

そしてランチは。。。。

グランドセントラルオイスターバー


グランドセントラル駅構内にある 「 グランドセントラルオイスターバー 」
でいただきました。
( 国連ビルからグランドセントラル駅は 20分くらいで歩けます )

店内


店内は開業当時のままだそうで 100年の歴史があります。
( と言うことは 駅が出来たのと同時にオープンしたんですね )
私たちは 日本で 品川のお店に行ったことがありますが
当然ですが 本店も 品川と同じ内装でした。

かき 熊本の牡蠣も


店内は レストラン席 カウンター席 バーなど いくつかのエリアに
分かれていますが どこも大盛況です。
私たちは カウンターに座りました。
この席は お昼時でしたので 会社の同僚とランチをしている
方たちが多かったです。

ソフトシェルクラブ


メニューはこんな感じ。
店内のメニューの字は大変小さくて 種類もあまりにも多すぎるので
選ぶのにとても時間がかかりました。
メニューを見て予習をしていくと いいかもしれません。

クラムチャウダーメニュー


私たちは チェリーストーンクラムシチュー ( 12.75 ドル ) と
( どんなに大きいかは 上の写真を見て頂ければわかりますよね ) 
ソフトシェルクラブ ( 32,95ドル ) を頂きましたが
量が多かったので これで十分でした。
( クラッカーなども無料で出してくれるので )
飲み物を入れて 計 約60ドルでした。

エンパイアから見るメイシーズ


↑ エンパイアステートビルから見た メイシーズ

ランチの後はお買い物のためデパート、 メイシーズに行きました。

メイシーズ


本来は エンパイアの後ここに来るのが 距離的には いいのですが
お買い物は後にしたほうが 荷物を持って移動しなくて済むので
こういう順番になりました。

メイシーズから見るエンパイア


↑ メイシーズから見るエンパイアステートビル

メイシーズ


↓ メイシーズには 木でできたエスカレーターがあります。
  今でも現役で動いていて 普通のエスカレーターと変わりません。

木のエスカレーター


↓ 旅行者用に10パーセント割引きになるクーポンをゲット。

メイシーズ割引券メイシーズグッズ色々


お土産に メイシーズのロゴ入りグッズを購入しました。

6日目のこの日は 最終日です。
この後 ホテルに買った荷物を置きに帰り テレビを見たら
黒田が投げていた、というお話です。 
部屋で少し休んでから ヤンキース観戦に向かいました。

夕食は スタジアムで ホットドックなど食べました。


一日戻りますが 5日目の夕食は 有名なジュニアズで
いただきました。

このレストランも大変込んでいました。

ジュニアス


オニオンスープ ( 7、5ドル ) と シュリンプ & スペアリブ 
( 30.95ドル ) + 飲み物で約50ドルでした。

日本でいう デニーズみたいな感じのレストランで
気軽においしいものが食べられました。

オニオンスープ スペアリブ


お食事ですが 後半の朝食は akaホテルの前にコンビニがあったので
いつも前夜にそこで買い物をして ホテルのお部屋でいただきました。
( パンやカットフルーツ バナナ ピーナッツ カップ麺などなど )
オーブンや電子レンジがあるので パンを焼いたり 
またお夜食にカップ麺を食べたり 自由にできたので 
サービスアパートメント式のホテルは 使い勝手が良かったです。

今回は NYのマンハッタンだけに6泊したので
ゆっくり のんびり回れると思っていました。
が、 今回もまた 結構忙しいあたふたした旅になってしまいました。
でもNYは ( マンハッタンは ) もっともっと回りたい所だらけでした。
メトロポリタンもゆっくり見たかったし 皆さまお薦めのフリックコレクションも
訪れたかったし せっかくあそこまで行ったので ナイアガラまで足を
のばしたかったし。。。 と まだまだ見たい所がたくさんありました。

なかなか 「 暮らすように旅をする 」 のは難しいですね。

NYは 観光客が多く 大変エキサイティングな街でしたが
その半面 そこに住んでいる人々は 落ち着いた成熟した生活を
送っているように感じました。
「 フォロー ミー 」 精神にあふれ 
地下鉄内では 皆さん 本を読んでいる姿が印象的でした。




さて とうとう帰国日です。

お昼12時の便でしたので 朝9時過ぎにホテルを出てタクシーで
JFK空港に向かいました。 ( 45分くらいで着きました )

帰国日akaホテル前で


タクシー代は フラットレート52ドル トンネル代5.33ドル 税0.5ドル
計 57.83ドル チップを足して70ドル払いました。
運転手さんは愛想も良く スーツケースの出し入れも手際よくやって
くれたので 料金としてはこのくらいでよかったのだと思います。

JFKまでのタクシー


JALはターミナル1です。

JFKターミナル1


JFK空港は ターミナル8まであり ターミナル1は小さい規模です。

JFK空港


JFK


↓ 本日はプレミアムエコノミーの席に空きがあるようで
  カウンターには300ドルで アップグレードできますよ、 と
  案内が書いてありました。
  詳しくは こちらです。

JALプレミアムエコノミーの案内


優先レーンがあったので手荷物検査もすいすい、
すぐ出国できました。

出発エリア


空港の免税店街ですが エルメスなど有名なお店は入っていました、 
が 規模は大変小さいです。
品ぞろえも 少ないので すぐ見終わります。
息子から頼まれていたコロンとアフターシェーブローションは
日本の免税店で見た値段と ほとんど同じでした。

あとは アメリカのお土産屋さんが2店舗ありました。
( ベタなアメリカ土産があって 意外と楽しかったです )

一応ブランド街もあります


ニューヨークのJFケネディ空港という名前からして 
かなり大きい充実した空港を想像していましたが 今回のJALの入っている
ターミナルは 動きやすい小さなものでした。
アメリカン航空やデルタ、 UAなどのターミナルは
もっと大きいのかもしれませんが。。。

JALのラウンジも エスカレーターを上がってすぐの所にありました。

JALラウンジ入口


すっきりとした 内装のラウンジです。

JALラウンジ


出発時間が近づくと 結構混んできます。

JALラウンジ2


ラウンジの食べ物は。。。
簡単なクラッカー類と 冷蔵庫に入った サンドイッチとフルーツ、
温かいものはありません。 ( もちろんマッサージなどもありません )

簡単なスナックラウンジの冷蔵庫


こんな感じです。

頂いたもの


帰りは ビジネスクラスで 2月のロンドン行きで乗った 
JALスカイスイート777です。
( その時のビジネスクラスのブログはこちらです )

JALスカイスイートビジネスクラス


窓側から2席です。 

↓ 窓側の席の人が外に出る場合は このように隣の人の前側に
  出口があり そこから中央の通路に出るようになっています。

ビジネスクラス座席前窓際から2列


セントレジスで飲むことが出来なかったカクテル ブラッディマリーが
あったので 機内でいただきました。

メニューブラッディマリー 


お食事は洋食にしました。
オードブルのロブスターと生ハムの大きいこと。
私はこれでもう充分です。

前菜


↓ ( 私は食べなかった ) メインのステーキとデザートです。

メイン ステーキデザート


CAさんはみなさんテキパキとした 応対の素晴らしい方たちばかりでした。
ファーストクラスはゆったりとしたサービスでしたが ビジネスクラスは
手際がいい そして より親しみやすい気がしました。

機内で 母にお扇子を買ったのですが それもプレゼント仕様に
包んでくれ、 その時に CAさんと お互いの母親の話を少ししました。
後で お台所 ( ギャレーのことを こう言っていました ) にも
遊びに来て下さいね、 と お誘い? も受けました。

お仕事のお邪魔をするようでしたので 行くことはありませんでしたが
そんな風に言ってくださることがうれしかったです。

カツサンドおうどん


↑ 帰りは少し 気になるメニューを頼んでみました。

Tさまお薦めのカツサンド、 そして私が食べてみたかった串カツ、 
主人が食べたかったラーメンがなくて残念でしたが 代わりにおうどん 
などを頂きました。
もっと魅力的なメニューがたくさんあったのですが おなかいっぱいで
私の小さな胃袋を 恨んだくらいです。

 
機内


新しいシートのおかげで 無事13時間、 
ゆったりと過ごすことが出来ました。

思いもかけずに行くことが出来たニューヨーク、 
このNY旅行を 私に薦めてくださった ( いつもはNY便に乗務されている
と言っていた ) パリ便のCAさん ありがとうございました。

アメリカ、ニューヨーク旅行記完


ということで長い間 お付き合い頂きましたNY旅行記 これで完了です。
初夏から 夏 秋になってしまいました。
NY旅行をするにあたり ブログを読んでくださる何人かの方から 
お薦めの美術館や レストラン その他いろいろとアドバイスを
頂きました。
そのおかげで こうして無事に旅行することが出来ました。
皆様、 本当にありがとうございました。

おかえしの意味も込めて いつか皆様がNYにいらっしゃる時に
このブログが 何かのお手伝いになればいいな〜、 と思っています。
ありがとうございました。

沖縄


次回は ホテルでゆったりとした 沖縄旅行記です。
( 宿泊したのは 「 ザ・テラスクラブ アット ブセナ 」 です )

主人のお誕生日ということで のんびりと沖縄の海を
楽しみました。 ( お天気はよくありませんでしたが )

主人のお誕生日旅行です



2013年10月01日

2013,6 初夏のNY7 グランドゼロ 〜 ヤンキース顛末記

グランドゼロ


2013、初夏のNY、 5回目は 5日目に行ったグランドゼロと
5日目と、6日目、 2度も行った ヤンキース観戦 顛末記です。 

1、 JALスカイスイート777 ファーストクラス編 はこちら
2、 セントレジスホテル 〜 MoMA 〜 Jazz 編 はこちら
3、 2日目市内観光 「 マンハッタンデラックス 」 編 はこちら
4、 3日目 サラベス セントラルパーク ジャージーボーイ はこちら
5、 セントレジスのお部屋2 と タイムズスクエアのakaホテル編 
6、 4日目観光 〜 ブラピネタ はこちらです。


akaホテル、フロントで


4日目の昼 ウオール街見物の帰りに グランドゼロに寄った主人、
今回の旅行では グランドゼロは市内観光時の車窓見学のみ
と決めていましたが 改めて近くに行ってみると 中に入って見学したい
という気持ちが強くなったようです。

そうですよね、せっかくNYに来たのだから 見学したいという気持ち、
よ〜くわかります。 ( 他人事のように言う私 )
それで前日の夜に スマホから グランドゼロの事前入場予約
( ビジターパス ) を試みたのですが 画面も小さいし 
いろいろ登録する項目が多く なかなかうまくいきません。 
翌日 akaホテルのフロントで スタッフさんに予約してもらいました。

9,11メモリアル 入場券


スタッフは慣れているようで ものの2、3分で登録と支払完了、
目をしょぼつかせ 小さなスマホ画面と苦闘した昨日の時間は
なんだったのかしら? と思うほど簡単に予約できました。

入場料は ドネーション ← 寄付なので いくらでもOKでした。
( このドネーションという言葉 NYではよく使われていました )
こちらのページから予約できます。
( 主人は25ドルに丸をしていました。 )

当日券売り場も近くにあるようですが 事前に予約したほうが
時間の節約にもなるので そのほうがいいと思います。

地下鉄駅周辺


チケットもプリントしてもらい グランドゼロに向かって地下鉄に
乗りました。
NYの地下鉄は それほど難しくはないのですが 同じ行先でも
時間帯や曜日によって 駅を飛ばしたり 途中から別れたりと
いろいろあるようです。
私たちも ガイドブックを見て自信をもってこの地下鉄に
乗り込んだのですが 途中から停まる駅を見ていると 
この電車は 本当に目的の駅につくのか不安になってきました。
そこで隣の席に座っている紳士に ちょっと聞いてみました。
この電車は グランドゼロに行きますか? と。

そしたらその紳士は 自分も同じ駅で降りるから 
「 私についてきて 」 と言ってくれたのです。
そうです、 映画でしか聞いてなかった言葉 「 フォロー ミー 」 と。

フォローミーFulton St.


この 「 フォロー ミー 」 という言葉も 今回 何度となく聞きました。
アメリカの方は 意外と?親切で 口で説明するのではなく
こうして一緒に行ってくれる、 ということが多かったです、
言葉のわからない私たちには とってもありがたかったです。
( 相手の言葉を聞きとることは意外と難しいので )

無事 目的の駅 「 フルトンストリート 」 に着きました。

セントポールズ教会


駅を出ると そこには 心温まる雰囲気の 「 セントポールズ教会 」 が 
あります。
この教会は 付近のビルが崩壊した時も 何の被害もなかったそうで
警察官 消防士 ボランティアなど 多くの人々の休息と 慰めの場所に
なったそうです。
そして このフェンスには 当時、 手紙やお花、思い出の品々が 
たくさん飾られたということです。

そして横を見ると 工事中のグランドゼロ付近が見えます。

工事中のグランドゼロ


グランドゼロのビル群


入場者の列、 ここでEチケットを見せて入場します。

見学の列


各国のガイドブックもありました。

各国のガイドブック


崩壊したツインタワービルの跡地は このような大きな池になっています。

正方形の大きな池1


池は2つあって 周りには亡くなった人々の名前が刻まれています。

池2


この2つの池の向こう側に 9、11メモリアルの象徴
「 フリーダムタワー 」 が建っています。

池とビル


犠牲者のお名前の中には 日本人の方々もいました。
娘の大学時代の友人のお父様の名前もありました。

犠牲者の名前には日本の方々も


多くの人々の名前が刻まれている中 このように日本人の方の名前を
ましてやお知り合いの名前を探すのは さぞ大変だろうと思いましたが
主人に聞くと 探し回ったわけでななく たまたま目に入った、と言っていました。
1年半ほど前に 息子もここを訪れたのですが その時も 
たまたま見ていたら 名前が目に飛び込んできたと言っていました。

不思議ですが 出会えてよかったと 二人とも言っていました。
ご冥福をお祈りします。

バラの花


9、11は我が家にとっても忘れられない事件で 
たまたま次女がこの期間に NYで語学を学んでいました。
あと数日で帰国という時期で まさしく 9月11日の前日 
友人たちと ワールドトレートセンタービルに上る と言っていたので
私はこの事件を知った時には 本当にびっくりしました。

すぐに 娘からは電話があり 安心しましたが 帰ってくるのに
大変苦労したようです。

公園


事件の直後は 空港も大変混乱していて NYからの飛行機は 
空港に行ってみないと 乗れるかどうかわからない状況で
空港に足を運ぶも その日は乗れず 語学学校の寮に戻り
という事を 何度か繰り返す友人が多かったようです。

娘も事件から数日後の帰国予定でしたが 航空会社の予約センターの
電話は なかなか繋がらないということでした。
結局 私が日本から ( 娘の航空券は コードシェアー便だったので )
もう一つの航空会社に電話し その便名で 予約を取ることが出来
その旨娘に伝えました。
やはり日本の方が 現地よりは 航空会社への電話も通じ 
的確に予約も取れて 助かったのを覚えています。
今、 思い出しても 胸がつぶれる思いです。

帰りはCortlandt St.から


などなど いろいろ思い出が次から次へと浮かんできて
心から 今の平和を ありがたく感じました。

( 私も行ったの? いえいえ グランドゼロに行った主人の話を聞いて 
そんなことを思い出したのです )

ところでこの日の私は? 
はい、 何度も書いていますが 主人が心から平和を願い
この9.11メモリアルを見学している間 私は すぐそばにある
NYでは有名は 「 センチュリー21 」 というディスカウントショップで
お土産などお買い物をしていました。

昨日は ここで靴を買ったのですが 靴売り場だけかと思っていたら
その横に 立派なデパートのような建物があるではありませんか?
そこが 有名な 「 センチュリーー21 」 の本館だったのです。

洋服、 バッグなどファッション用品から チョコレートなどの食料品
日用品まで 本当にたくさんの品が置いてあります。
最初からこれを買おうと意気込んでいくと 意外に目的のものがない
とがっかりしたりするので 何かないかな〜 くらいの気持ちで行くと
案外 掘り出し物が見つかって いいお買い物ができるかもしれません。

ここだけを目的に行くのは 少し遠いのですが グランドゼロと
組み合わせると 行きやすいですよ。
楽しかったです。

akaホテルの下のレストラン123かふぇ アンドゥトロワ


さてホテルに帰ってきました。

ランチは ホテルの下にあるフレンチレストラン 「 アンドゥトロワ 」
で ハンバーガーとスパゲティを頂きました。
( akaホテルの住所が1−2−3 なので フレンチレストランの
名前も アンドゥトロワ のようです )
外から見るよりもだいぶ広い店内で テーブルにはクレヨンが
置いてあります。
ランチョンマットは 真っ白な紙です。

 
テーブルにはクレヨンが


窓際の親子連れは みんなで絵をかいています。
お父さんが 意外と一生懸命書いていて 楽しそうですね。

お絵かきをする家族


やはりアメリカのお食事は量がどっさり、
何とこれに 美味しいバケットが 籠にいっぱいついてきました。
このバケットがとってもおいしかったので 食べられない分を
「 お持ち帰りしてもいいですか? 」 と聞いたら もちろん! と。
一度下げてから テーブルにあったパンの2倍くらいの量を 
綺麗に包んで持ってきてくれました。
バターも入っている? って聞いたら もちろんよ! と。

翌朝 部屋で これをオーブンで焼いていただきましたが 
とっても美味しかったです。
ご馳走様でした。
(  ビール2杯 スパゲティ ハンバーガー でチップ込みで
   60ドル支払いました )

ハンバーガーにスパゲティ


さて お部屋で少し休んでから 野球観戦に向かいましょう。

NY旅行の計画を立てている時 たまたま私たちの滞在中に
ヤンキースの試合があるとわかり 早速 チケットを
HPで予約したのです。
主人は カープファンなので 元、 広島の黒田がいる
ヤンキースの試合を楽しみにしていました。

この日が初戦で 対戦相手は ドジャースです。
NYでのヤンキース対ドジャースの試合は なんと16年ぶりだとかで
日本でいう交流戦のような試合だそうです。

この試合は だいぶ話題になっていて 私達が見ることのできる
2連戦のうち とりあえず初戦のチケットをとりましたが
翌日の試合も見ようか? などど話し合っていました。

試合は7時からなので 夕方少し早めにホテルを出て
メトロポリタン美術館を見学して そこから地下鉄で
球場に行くことにしました。 

雲行きが怪しくなった夕方 コンビニでレインコートを購入し 
万全の態勢で出かけました。

小雨のメトロポリタン


小雨が降ってきました。
メトロポリタン美術館は 駅から20分くらい歩きます。

が、20分歩くって 結構大変です。
小雨が降ってきて。。。 黙々と歩いてようやく到着です。
が 入口で5時半閉館ということがわかりました。 

メトロポリタンメトロポリタン


この時 4時半少し前。

( こちらも入場料はドネーション ( 寄付 ) で
  25ドルを推奨、 と書いてありますが 任意でいいようです。 )

私は なんとなく 5時半までということは 5時半まで見ていいのね
と考えていましたが 何と5時になると 係りの方々は
皆さん そわそわして時計を見始めるのです。
そして次々と 先に行くドアを締め出したのです。

結局、 列に沿って歩くことしかできず 
その列は 自然と出口につながっていました。
入って1時間もしないで 退場していました。

結局 5時半というのは 5時半には 全員退出する、 ということ
だったようです。 

メトロポリタン


館内はものすごく広いので 私たちが見たのは 
ほんの少し エジプトの展示ブースだけでした。
やはり噂通り メトロポリタン美術館は 広かったです。

メトロポリタンからの帰り道は 小雨から本降りに変わり
余計、 駅まで遠く感じました。

この雨で 野球 やるのかしら? と心配は頭をよぎります。

雨のヤンキーズスタジアム1


もちろん 野球のチケットを予約する際にも 調べました。
野球が中止になったらどうするのかと。

そこには 大リーグは 試合日程も詰まっているし 移動も大変なので
まず中止はない、とのこと。
結構な雨でも 試合はやるので 中止を心配する必要はあまりない、 
というようなことが書いてありました。
だから私は それほど中止になった時のとこは
調べていきませんでした。

チケット売り場も大行列


球場に到着すると そこには すでにたくさんの人がいます。
私達も ウイルコールという窓口で Eチケットを入場券に引き換えてもらい
入場の列に並びました。

雨で中止です。


荷物検査をうけ さぁ入場、 と思ったまさにその時
係員が出てきて 「 今日の試合は中止で〜〜す 」 と叫んだのです。

タイムズスクエアに帰りました


↑ 試合中止で帰ってきた夜のタイムススクエア

↓ 翌日また行った ヤンキースタジアム

ヤンキーススタジアム


翌日のヤンキースタジアムの写真を見ながら昨日の
続きのお話しです。

で 突然の中止で入場はできなくなりました。

さぁ どうすればいいの? 私たち。

まず そばにいたスタッフに このチケットどうすればいいの?
と 聞いたのですが まだわからない、 というお返事。

途方に暮れていると ある窓口にみんなが走って殺到している
ではありませんか。
私達も何かなんだかわからなかったのですが すかさず走って
その列に並びました。
( その時の 私の行動があまりにも素早かったので
主人は驚いていました。 
私は小学生のころ ドッジボールが得意で ( 逃げるほうね )、
反射神経が結構いいのよ、 こんな場面でそれが発揮されました ) 

とりあえず 列には並びましたが ここでいいの?
皆さん、 ここかしこで スタッフさんに聞いていますが
どの人も わからなそうな感じで右往左往しています。

しばらく 並んでいましたが 奥からスタッフが出てきて
なんか言っています。

その言葉を聞いて その列は一斉に 他の窓口に向かって
走り始めたのです。
とにかく私たちも事情が分からないので みんなと同じ行動をしようと
思い 皆さんの後を追って 次の窓口に並び直しました。

ゲート


途中 日本人のスーツを着たサラリーマングループがいたので 
私が どうしたらいいですか? と聞いたのですが その人たちも 
「 僕たちも 今日 初めて来たし チケットも自分でとったのではないので
わからない 」 と 意外と冷たく言われてしまいました。
「 フォロー ミー 」 とは言ってくれませんでした。。。

多くの観客


そうこうしているうちに 係りの人が出てきて 説明し始めました。
何とか うっすら説明が聞き取れました。

後日 今日の試合の再試合があるから 今のチケットは その試合で
つかえるよ。、と。
でも 再試合は 何か月後になるかもしれないと。

ふんふんそうなのね、よくわかったわ。
で、で、でも 私たち 何か月後では困るのよ〜
明日、見に来たいのよ〜
あさって 帰っちゃうからね〜

どうする? 帰ってから タイムズスクエアにあるヤンキースショップで
聞いてみる? と話していましたが 今、 並んでいる列から
離脱する人もいないし なんとなくその列は 少しずつ前に
動いているようなので 何かしらの手続きをやっているに違いないから
このまま並んでいよう ということになりました。

2階の通路


30分ほど並んで 私たちの番になりました。
館内の チケット販売窓口です。
中にはチャーミングな女性がいましたが ずっと作業をしているので
お疲れモードのようです。
私がチケットを渡して 主人が 
「 私たちは日本からの旅行者で はるばる黒田を見に来た、
あさってはもう帰国するので 云々。。。 」  などと
ごちゃごちゃ言っているんです。
その女性は 面倒臭そうに パソコンをたたいているので 
私が主人に 「 あなたうるさいよ! ごちゃごちゃ言って!
ただ明日のチケットに変えてくれ、 だけでいいよ 」 と
言いました。
主人はそれを受けて 
「 いや いいんだ! 外国人はキチンと言わないと 
わかってくれないからね 」 と言って 饒舌に窓口に向かって 
話しているのです。 

323の入り口


私はその女性が かわいいネイルをしているのに気が付き
その話題をふりました。
貴方のネイルとっても素敵ね、 私のも見てね、と。

そしたらその女性 顔をくるっと正面に向けて 私の爪を見たのです。
そして 「 あら〜〜〜〜 綺麗! とっても素敵よ、 よ〜く 見せて 」
と、お互いの爪を見せ合って 可愛いね、などと言い合いました。

機嫌を直してくれたその女性は パチパチとパソコンをたたき
「 OK 今日の席と同じエリアの席を とったわよ!
これでいいでしょう? 」 と満足げに言って 明日のチケットを
ひらひらと見せてから 私たちにくれたのです。

テラス席324


テラス席、階段上から


お〜〜〜〜
いいの? うれしいわ〜〜〜
まさしく 私たちが望んでいた明日のチケットを2枚
出してくれました。

あ〜〜〜よかった、よかった。
本当に良かったね、私たち、 すごくラッキーじゃない?と。

( 私は ネイルのおかげで あの女性は機嫌よくチケットを出して
くれたんだわ、と思い 主人は主人で 色々説明して僕たちの状況を
分かってくれたから 出してくれたんだ とそれぞれに思っていました。。。。 )

スタジアム


じつは 私たちは2日間、見るチャンスがあったのですが
先ほども書いたように 初日のチケットを購入していました。

ところが直前に 2日目の登板が黒田と発表されたのです。
だから 今日見て また明日も見に来よう、と話していたのです。

スタジアム


それがひょんなことで 明日のチケットが手に入るなんて、、、
私たちにとっては 余計なお金もかからないし 一番いい結果になった
わけで 本当に良かったね〜 と大喜びの私達でした。

ドジャースの応援


( 上のドジャースファンの4人のおじさん達、すごく仲良しで
一生懸命ドジャースを応援していました。
私達に 自分たちの写真を撮ってくれと、 カメラを主人に渡し
こちらを向いたのですが なんと、まぁ この4人 歯が真っ白なんです。
ものすご〜く 真っ白なきれいな歯をしているんです。
びっくりよ! )

私たち ついてるね〜 なんて気楽に言っていた翌日。
2日目は 大変良いお天気に恵まれ 試合を観戦できたのです、
が。。。

その日は エンパイアステートビルや メイシーズなどを周り
お昼過ぎにホテルに帰ってきました。
少し休んでから ヤンキースに行こうと思い 帰ってきたのです。

7時くらい


主人が部屋で何気なく テレビをつけたところ。。。 なんと!

素敵なイチロー


野球中継をやっていて その画面にには なんと!

黒田が映っているではありませんか?
黒田が投げているのです!

えっ!なに?

そうなんです、昨日の中止試合の再試合は 今日デーゲームになっていて
その昼間の試合で黒田が先発していたのです。
だから私たちの持っているチケットの 夜の試合では
黒田は投げないのです。
しかも 今 ヤンキースは勝ってるし。。。
イチローはホームランまで打ってるし。。。

あちゃ〜〜〜〜
がっかり! 昨日、 スタッフは何か月先になるかもしれないと
言っていたよね〜
再試合が明日になるなんて言ってなかったよね?

再試合の日程は 昨日の夜遅くに決まったようで よく見たら
朝刊には 今日はダブルヘッダーになり 再試合は昼になったこと
そしてそこには 昼の試合で黒田が投げることが出ていました。

イチローも良く見えました


う〜〜〜ん、残念。
結局主人は 急ぐこともないだろうと言って 少し寝ていました。。。

少し休んで さぁ では 出かけましょう。
ということで見に行ってきた写真が 今迄の写真です。
黒田は見られませんでしたが イチローはちゃんと見れました。

守備のイチロー


ヤンキースの公式HPから予約、購入しましたが 私たちの席は
3階 テラス席の 324のエリアです。
意外とよく見ます。

3階テラス席 324


( ↑ 写真は JTBのヤンキーズスタジアム座席表 からお借りしました )

ヤンキースの公式HPでは 客席からの見え方も
ここで 見ることが出来ます。
これと値段を参考にして チケットを取るといいですね。
( ローディングが終わったてから スタートを押すと 球場の全体図が出ます。
席をクリックすると値段とその席からの見え方が出ます )

 
イチロー 1


イチロー2


試合の合間には ゲームみたいなのがあって そこに毎回
イチローが登場していました。
だからとっても楽しめました。

ようやく暗くなります


この季節は NYは日の入りが8時過ぎなので なかなか暗くなりません。

アメリカ人は大きいね〜


8時50分で ようやく暗くなりました。

観客の皆さんは この写真で分かるように みなさん大変
体格がいい方ばかりです。
だから中に座っている人が席の外に出る時も 他の皆さんに 
一回外に出てもらってから 通路に出るのが普通のようです。
でも私達だけは 足元が前の席と空いていたので ( 太っていないから )
前の列の人は 外に出る時は 椅子をまたいて 私たちの列に来て
そこから外に出ていました。
それほど 大きな人ばかりなので この小さな椅子では 観戦も一苦労
だと思いました。

イチロー 3


イチロー4


何度もイチローが出てきて 本当に日本人にはうれしいものでした。

整備のスタッフも踊ります。


また 球場のスタッフも 踊りながら整地していて そんな時間も
観客が楽しめるようになっていました。。

ゴッドブレスアメリカ


でも 7回の 「 ゴッドブレスアメリカ 」 では皆さん一緒に
大きな声で歌っていて とても感動しました。

暗くなった球場


そして このゲームはヤンキースが負けてしまいましたが
昼間のゲームでは 黒田はしっかり勝利投手になっていました。

ヤンキ0ススタジアム


帰国後のお話ですが
ヤンキースの再試合のお知らせは 
我が家のPCのアドレス宛に メールがちゃんと来ていました。
これはチケットを買う際に登録したアドレスに来ていたので
もし これからチケットを買う方は どこからでもアクセスできる
アドレスを登録しておくことをお勧めします。
ヤフーメールとかGメールとかならば 現地でも見れますから。

そのメールには 今回、 雨で流れたチケットは その再試合に
使えます、 それから これ以降の席の空いている試合に有効と
書いてありました。
( 払い戻しはないそうです )

巨人 対 広島


↑ 参考までに 東京ドームの 巨人対広島の写真です。
  巨人優勝決定前夜の試合で マエケンが勝利投手になりました。

代理店から購入したチケットは 変更 キャンセルなど それぞれの
会社ごとに規定があるようです。
( 参考までにJTBはこんな感じです 
チケットを購入される方は 注意事項をよく読んで
気を付けてくださいね。

今回の私たちのチケットは
入場券 80ドル サービスフィー6、6ドル × 2
手数料 3、3ドル 計176、5ドルでした。

akaホテルのカギとwifiルーター


では次回が多分最終回になると思います。
次回は 6日目観光と 帰りのJALスイート(ビジネスクラス)です。