2015年03月15日

2015年03月15日

2014,11 都会のリゾート、ケンピンスキーホテル 〜 エステ、タイスキ

↓ サイアムケンピンスキーホテルバンコク、ベランダから見る中庭

ベランダからの景色


4泊5日のバンコク旅行、 後半の2泊は市内繁華街サイアム・スクエアに
ある 「 サイアムケンピンスキーバンコク 」 に宿泊しました。

お部屋は 6階 中庭に面したデラックスルームです。

664号室デラックスルーム664号室


2014、11 憧れのマンダリンオリエンタルに泊まるバンコク旅行 
1 準備編、 
2 ダイジェスト編、 
3 チャイナエアラインビジネスクラス編
4 マンダリンオリエンタルバンコク お部屋 施設編 
5、 マンダリンオリエンタルバンコク 朝食 〜 王宮観光
6、 「 ル・ノルマンディ 」 の優雅なランチと エキサイティングなアジアティーク 
7、 マンダリンオリエンタル 対岸の施設見学、シャングリラのランチ、 
   ケンピンスキーホテルへ編
 はこちらです。

入り口から


デラックスルームは HPによると 広さは40〜45平米
ロイヤルウイングの2〜8階に位置し ビューはガーデンとなっています。

入ってすぐに 洗面室とガラス張りのバスタブがあり 
ベッドの向こうの窓側には ソファーとデスクが置かれています。

お部屋


デラックスの上のカテゴリーのお部屋は プレミアルームと言って
広さは45〜48平米、 ガーデンウイングの1〜6階にあるようです。
眺めは デラックスルームと同じ ガーデン ということなので
HPの写真で見る限り 内装や間取りに さほど違いはないと思い 
お値段の安い、 「 デラックスルーム 」 を予約しました。

綺麗な中庭が見える 素敵なお部屋でした。

ベッド


内装は現代的な感じですが ベッドスプレッドなどは 
絹のような光沢のある生地を使用していて 高級感がありました。

またベッドボードの上の絵にも 蓮の花が描かれ 
タイらしさも出ていました。

ベッド


↓  ベランダ側のソファーから見た室内。
   向こう側に ガラスに囲まれたバスタブが見えます。

ベランダ側から見る


↓ ベランダ側 、デスクから見た室内

デスクから見る


ベッドの足もとにテレビがあります。
中は セキュリティボックスと 冷蔵庫 お菓子や飲み物
そしてコーヒーマシンが収められています。

テレビ


↓ ガラスのデスク。

デスク


↓ 可愛いリゾートチックなソファー

ソファー


↓ 南国らしい 色鮮やかなウエルカムフルーツ。

ウエルカムフルーツ


↓ そしてバスルームです。 洗面ボールは一つ
  大理石使用で ゴージャス。
  洗面台の両側に トイレとシャワーが振り分けられています。
  バスタブは この写真の右側手前にあります。

バスルーム


↓ ガラス張りのバスタブです、外を見ながら入浴できますね。

ガラス張りのバスルーム


↓ ブラインドを下ろして使えば 人目は気になりません。
  
ブラインドを下ろしたバスタブ


↓ アメニティです。

アメニティ1アメニティ2


冷蔵庫の中身 ( 5種 × 2本ずつ ) は無料です。
毎日補充してくれるので このシステムは有り難かったです。

無料の冷蔵庫内


この無料の飲み物は それほど高いものではないでしょう。
でも無料だという事が その金額以上に嬉しい気持ちになります。
1泊 朝食付き 一人13000円 というこの値段で 
この無料の冷蔵庫サービスは とても感激しました。

無料の冷蔵庫以外の値段


↑ お菓子は有料、   インスタントの飲み物パックは無料です ↓

有料のお菓子無料の飲み物


↓ コーヒーマシンもありました。 
( 使い方が分からなくて 器具の周りが水浸しになってしまいました ) 

珈琲マシーン可愛いスリッパ


                  スリッパの模様が可愛いかった ↑

さぁ ベランダに出てみましょう。

ベランダ


ここで 湯上りビールを飲みながら ネットをするのは
至福のひと時でした。 ( wifi は無料です )

中庭が見えます


綺麗に手入れされた中庭です。

中庭


真ん中の四角い部分がプールです。

プールサイド


プールの周りにも 水路? があって 素敵な中庭です。
ここで朝食も頂けます。

プール


木々がたっぷりと配置され リゾート感、満載です。

中庭


↓ ベランダの正面からの景色、 周りにはビルがたくさん建っていて
  ここが 繁華街だということが分かります。

正面の空


さてお部屋の撮影も終わり 夕方になったので
日本から予約していた スパに向かいました。

ショッピングモール サイアムパラゴン


ホテルからは 渡り廊下を通って 「 サイアムパラゴン 」 という
巨大ショッピングモールに入れます。

↓ そしてそのモールは BTS線 ( バンコクスカイトレイン ) の駅
  「 サイアム 」 の正面なのです。
  だからどこへ行くにも大変便利な立地です。

バンコクスカイトレイン、サイアム駅


↓ ホームから見る 「 サイアムパラゴン 」 のビル

ホームから見るサイアムパラゴン


私達の予約した街スパは 「 アジアハーブアソシエイション 」 
というバンコクに何か所かあるスパです。
日本語のHPもあるので 事前にメニューなども検討出来ました。

サイアム駅から5つ目の 「 プロンポン 」 という駅にある
お店に伺いました。

プロンポンまでは BTSのスクインビット線に乗って行きましたが 
その途中の駅 「 ナーナー 」 という駅のアナウンスが
物悲しい、 とkumiさまのバンコク旅行記に書いてありました。

最初 そのことをすっかり忘れていたのですが 車内で 
「 ナーナー 」 というアナウンスを聞いた途端 思い出しました。

以下 kumiさまの旅行記の一説です。

BTS電車内のアナウンスがおもしろいんです。
おもしろい、なんて失礼だけど
”いとおかし”って感じ。
例えば「NANA」という駅、
「ナーナー」っていうイントネーションが実に切ない言い方なのです。
物静かで品があるんだけど
なんだか淋しい響きを感じるの。。。


という記述。

本当にそうなんです、 物悲しいんです。
他の駅はわりとすっきりととした アナウンスなんですよ。
でも 「 ナーナー 」 だけが 切ないのです。
この時以降も 何度かBTSに乗ったので 「 ナーナー 」 駅を
通るのが楽しみでした。

皆さまも もし BTSのスクインビット線に乗ることがあったら
「 ナーナー 」 で 物悲しくなって下さいね。

kumi様の感性に 拍手を送ります。 
 
アジアハーブアソシエィション


さて 駅から5〜6分歩いて 「 アジアハーブアソシエイション 」
プロンポン店に到着です。
お花が咲き乱れていて とっても素敵な外観!

店内


受付には 綺麗なお姉さんがいて メニューの内容を説明してくれたり
こちらのリクエストも聞いてくれたりします。
途中から イケてるお兄さんも出て来て 凄く いい雰囲気。
ショップも充実しています。

私は 王宮観光の時に痛めた胸が痛いので タイ古式マッサージ
ではなく ハーバルボールを使ったオイルマッサージにして貰い 
出来る限り弱くしてもらうよう リクエストを出しておきました。

( 娘は凝り性なので がっつりマッサージ希望です )

屋外の個室個室


綺麗なお姉さんが施術してくれるものだと思っていた私の前に
現れたのは 古式マッサージにいるような おばさん2人組でした。

現れたおばさんは 作務衣のようなものを着ていて 
私たちに 後をついてくるよう促しました。

いったん外に出ると いくつもの小さなお部屋?が並んでいます。
その一部屋に入って行きました。

中は真っ暗!
私 何にも見えないわ、 だって緑内障だから。
( これ関係ない? )
真っ暗な中で着替えてね、 っておばさんに言われたけど 
何にも見えないから ドアを開けてもらってお着替えをしました。

2人部屋です。

マッサージルーム


2人ともオーガニック生ハーバルボール付き
私 100%ピュアブレンドオイルマッサージ 90分、 1250THB
娘 タイ伝統古式ボディマッサージ  90分    900THB
をお願いしました。 ( 2人で7500円 )
今は 料金が上がっているようです。 詳しいメニューはこちらです。

メニュー


マッサージが始まった途端 物凄い雨が降ってきて 
それが部屋の屋根や壁を激しく打つので 
荒々しい雰囲気の中でのマッサージになりました。
そのうえ 雨季の終わりを告げるのでしょうか? 
雷も鳴ってきて びっくりしました。

おばさんは 雷と雨の音に負けじと せっせと力を入れて
マッサージをしていました。 
おばさんが暑いからか、 気温が高い地域ではみんなそうなのか、
分かりませんが 室内は物すごく冷房がきいていて 
途中で私は 寒くなりました。

でもハーバルボールマッサージなので ボールを当てた部分は
じわ〜〜〜ん と暖かくなり 気持ちがいいのです。
全身に ボールを当ててほしいくらいでした。

あんなに体が冷えていたのは、 
( この後 日本に帰ってから分かったのですが )
お腹に大きな腫瘍が出来ていて しかも とっても悪性度が高い
ものだったので きっとこの頃は 体調も良くなかったし 
血の巡りも悪かった頃だったのでしょう。

なかなか体が温まらず きっとおばさんは 
なんて冷たい女 なんだろう、 と思ったに違いありません。


終わった後 娘に 
「 お母さん、 痛いとか 寒いとか ずいぶん騒いでいたね〜 」 
と 呆れられました。
娘は 途中で眠ったりして すっかり体も軽くなったようです。

楽しみにしていた ハーバルボールマッサージ、 
次回 完璧な体の時に ( あるのかしら?私 ) 
ぜひもう一度 受けてみたいです。

このお店は かなり力強いマッサージが期待できるので
娘のように 日頃 凝っている方には ぴったりのお店でした。 

終わったらもう 雨はやんでいて さっきの嵐はなんだったんだろう、
と思うくらい 落ち着いた夜が始まっていました。
ふぅ〜

BTSに乗って ホテルへ帰る途中で 夕食に行きました。

バンコクスカイトレイン路線図

サイアム駅の一つ手前に  「 セントラルワールド 」 という
大きなショッピングモールがあります。

以前から 鍋好きの母娘の私達は バンコクに来たら
タイスキ に行こうと決めていました。

事前に タイ在住の 優雅なマダムにお聞きしたら
やっぱり 「 MKゴールド 」 でしょう、 と提案してくれたので
ゴールドに目がない? 私は 早速 訪れてみました。

セントラルワールド内のキンキラな 「 MKゴールド 」 です。

MKゴールド


なんとこのお店 食べ放題だったんです。
( 最近 そうなったのかもしれません )
鍋の具材はもちろん ソフトドリンクや 点心 デザートまで
すべて食べ放題です ( 一人519THB 1900円 )

食べ放題519THB


メニュー


↓ こんな感じで出て来ます。

頼んだもの


食べてみたら あら まぁ おいしいわ〜〜〜
日本の鍋と遜色なく、 美味しい、美味しい!
全て美味しかったのですが 特に ヤングコーンが 
鍋の具材として すごく合う事を発見!

ヤングコーンは何度もお代わりをしました。

タイスキ


結構テーブルも大きくて 後ろの壁がキラキラで豪華でしょう?

そこそこ豪華な店内です


↓ 二人で3800円。 大満足、 本当に美味しゅうございました。
  ( あっ 90分制でした! )

レシート 約3800円



では次回は最終回です。
サイアムケンピンスキーホテルのシャンパンブレックファースト、
ジムトンプソン、 ランチ、 アフタヌーンティ フェイシャルマッサージ、 
そして夕食は コカレストランのタイスキ 〜 帰国、 と盛り沢山です。

↓ サイアムケンピンスキーホテル お庭での朝食

お庭での朝食



murakinoriko at 00:53|PermalinkComments(13)TrackBack(0)