2014年12月13日

2014、11 憧れのマンダリンオリエンタル、 チャイナエアラインビジネスクラス

皆さま ご心配をおかけしています。 

( マンダリン台北で検索で来てくださった方 台北の記事はこちらです。
以下の記事はマンダリンオリエンタルバンコクの記事です )

もう12月も半ば、 やっぱり私、 入院しています。

↓ 私のお部屋 ( 病室 ) からの景色です。

病室から


前回のブログからお話ししていますが 結局 治験を受けています。
このブログは 入院中に お部屋で少しずつ書いています。

↓ 12月初旬に お薬を点滴で入れました。

点滴中


腫瘍の悪性度も高いということで いくつかの選択肢の中から
今しかできない治療を受けるため 新しいお薬を試しています。

このお薬を 今 使っているのは 日本では 私で4人目です。
( そのうちの一人は 効き目がないという事で 既に抜けています )
海外では70人ほどが試していますが 
今回は 日本人の体に適した量、 効き目 副作用を調べています。


今回のブログは バンコク旅行記 チャイナエアライン・ビジネスクラス 
の様子をお伝えしますが 入院の様子もちりばめて書いて行きますね。

B777-300ER


↑ チャイナエアラインの新しい機体B777-300ERです。 ( HPから )

この機種は 来年の2月から 関空〜台北 を飛ぶ予定だそうです。
当初 今回のフライトを予約した時は 台北 → バンコクで 
この新しい機体の飛行機に乗れるはずでしたが 
機体繰りの問題でしょうか、 変更になってしまい 
新しい機体を体験することはできませんでした。

では 「 憧れのマンダリンオリエンタルホテルに泊まるバンコク 」
旅行記一回目は 「 チャイナエアライン ビジネスクラス 」 です。

↓ いつもながら 成田までは 「 NE'X 往復切符 」 を利用しました。

N'EX往復きっぷ 5140円


成田空港第二ターミナルでは 保安検査場への優先レーンである
プライオリティーレーンがあり ビジネスクラス以上の場合は
こちらを使えるので 楽々スムーズチェックインが出来ました。

成田 プライオリティレーン


出国後は 出発 ( 9時30分発 ) まであまり時間がありませんでしたが
チャイナエアライン・ラウンジで ちょっと一休みしました。
 
チャイナエアライン ラウンジ


落ち着いた広めのラウンジで 室内は 大変静かです。
 
チャイナエアライン ラウンジ


JALのラウンジとは比べ物にはなりませんが それなりに食べ物もあり
お寿司 パン 点心 焼きそば お味噌汁 カップめん フルーツなど
一通りは揃っていました。 ( あっ、 ビールもね )
まぁ 皆さん この後 機内食もあるので 
がっつり食べている方は ほとんどいませんでした。

アルコール


↑ パン  ↓ おにぎり カップめんなど

おにぎり カップめん


↓ 点心 焼きそば              ピーナツ  ↓

焼きそば 点心ピーナツ


ラウンジで一休みして さぁ 搭乗ゲートに向かいましょう。

動く歩道


以前は本館とサテライト棟との間には 電車が通っていましたが 
今は 動く歩道もある連絡通路が出来ています。
歩いてみると意外に近くて すぐ サテライト棟に到着しました。

動く歩道、反対側から


チャイナエアラインA330はビジネスとエコノミーの2クラスです。

ビジネスクラス


ビジネスクラスは 2−2−2 の横6席です。

A330 機内


シートは 前の席の背が倒れてこないタイプですが 座席を倒すと
自分の席が前にせり出すので 隣に人がいると 奥の人は
外に出るのが ちょっと大変です。
シートピッチはそれほど長くはありませんが 短距離なので
( 成田 → 台北 は4時間10分でした )
このシートで十分でした。

座席


まだ新しい機体のようで 機内のトーンは CAさんの制服と同じ 
薄紫色とグレーの中間のような色で とても品があり落ち着く機内でした。

薄紫色のCAさんと機内


座席はこんな感じで テレビ画面下の小物入れが便利でした。

座席 前方


小物入れや ペットボトル入れなど 収納が充実していました。
        ↓
足元座席ポジション


また シートは HPに書いてある140度より
体感的には もっと倒れるような気がしました。 ↓
  
座席


ウエルカムドリンクはジュースでした。

ウエルカムドリンク


機内食は 和食と洋食、 どちらもおいしかったです。

和食


洋食は 前菜にすご〜く厚いローストビーフ、 またメインにもステーキ
と どちらも牛肉で 「 機内の牛肉祭り 」 状態でした。

洋食


お食事は CAさんが一つ一つ運んでくれます。
飲み物もワゴンを使いません。
必然的に CAさんの接客も一人一人を意識したもので
日本のおもてなし精神を受け継いでいるような 気がしました。
ただ 短い時間でお食事の用意をするので 動き回っているCAさんに
途中で飲み物などを追加で頼むのは 気が引ける感じがしました。
もし 最初から飲むものが分かっている場合は 2杯いっぺんに
リクエストした方が いいかもしれない、 と思いました。

大変きれいな日本人CAさんが 詳しい日本発着の
タイムテーブルを持ってきてくれました。
チャイナエアラインは 日本各地から台北へ飛んでいるのですね。

タイムテーブル


快適なフライトを4時間ほど楽しんで 台北に到着しました。
到着ターミナルと バンコクへの出発ターミナルが違うので
ターミナル移動があります。

台北 桃園空港


でも漢字での案内が各所にあるので 迷うことはありません。

空港案内搭乗案内


到着したターミナル2から 乗り継いでターミナル1に行く途中の
手荷物検査前に ( 誰でも使えそうな ) ラウンジがありました。
というのも そこは通路際にあり オープンスペースになっていて 
特別何かを見せて入るようなシステムにはなってなかったので
そう思いました。

乗り継ぎ手荷物検査前、無料ラウンジ


無料でシャワーや マッサージチェアーが使えるようで
使う時には カウンターのスタッフに言って下さい、と書いてありました。
飲み物や食べ物はもちろん有料ですが ゆっくり出来そうなスペースが
広がっていました。

乗り継ぎ手荷物検査を受けて ターミナル1まで行ってしまうと 
ここには戻れませんので このラウンジを使う際は注意が必要です。

シャワーについてシャワー


私たちは 乗り継ぎ時にチャイナエアラインのラウンジを使えるのですが
ターミナル1のラウンジは この時期工事中だったので 
ラウンジ使用の代わりに 紙を見せられ 以下の5つの中から
特典を選ぶように言われました。

ラウンジ工事中


↓ 私たちは 「 ビジネスクラスのお客様 」 の上から3番目の
  機内販売で使える15ドルクーポンを選びました。

ラウンジ工事中のため他の特典を選べます


でも2人あわせても 30ドル以内という機内免税品はほとんどなく 
追加でお金を支払おう、 という気持ちでいましたが たまたまその時 
機内販売15%オフ というキャンペーンをやっていたので 
なんとか30ドル以内での 小さなお買い物をすることが出来ました。
きっと急激な円安対応なのでしょうね、 有り難かったです。

なお 今はすでにラウンジのリニューアルも完成しているようです。

さて 乗り継ぎ時間55分で ターミナル内を楽しむ時間もあまりなく
すぐにバンコクに出発です。
バンコク行きのゲート前は やはり今までとは雰囲気が違い
タイの雰囲気がありました。

バンコク行き 出発ロビー


今回の機体もA330ですが 日本からの機体とはまた少し
違っていました。

A330 機内


シートについての詳しい説明はこちらに出ています。

さて 旅行記の途中ですが 入院の際のお話を少し。。。

今回 入院した病棟は 血液と乳線の病棟でした。
お部屋は4人部屋で 血液の方が私で3人 後の一人は乳腺でした。
私が入室して皆さんに挨拶をすると向かい側の方が 
同じ悪性リンパ腫と言うことでしたので 少しお話させて頂きました。

そこで 私が発病して既に12年経っている事 今回は治験だという事
既に治療は5、6回している事など 自己紹介がてら お話ししました。

↓ A330型機のシートポジションです。     小物入れも充実  ↓

シートポジション足元


その後私は 骨髄穿刺とCT検査のため 数時間 お部屋を離れ
戻ってくると。。。。

台北〜バンコク シート


私のベッドの前に 数人の患者さんがいました。

向かいのベッドの方が 病棟でお知り合いになった悪性リンパ腫の方に
「 再発を繰り返しながらも 12年も元気で生きている人が 
同じ病室に入ってきたのよ 」 とお話し したそうなんです。
それで お顔を見に来ました、 とか お話を伺いたくて ということで
数人の患者さんが私に会いに来てくれた という訳なんです。

↓ 台北 → バンコク 間のお食事
 ( メインは 中華 タイ料理 イタリアン の3種類からの選択でした )

お食事お食事


まぁびっくり!
皆さん、5年間くらい生きていたという人には会った事があるけれど
12年も元気で生きて来た人には はじめて出会ったというのです。
( 再発を繰り返しながら という条件ですが )
皆さんは 再発してこれから治療する方や 自分の骨髄移植を
これからする方達で この先の不安と いつまで生きられるのか 
という漠然とした不安を抱えている方たちばかりでした。

↓ バンコクに到着、 
  駐機場が混雑していて中々外に出られませんでした。

バンコク到着


それが再発を繰り返しながらも 12年も元気で生きている人がいるなんて、 
その話を聞いただけで 元気になりました と とても喜んでくれました。
不安で不安で、 と涙を流している人には
「 絶対大丈夫よ! 気持ちを明るく持ってね!」 と 
私は泣いているその人の手を握って 励ましていました。

その時 まるで私、 教祖様になった気がしました。。。。

バンコク空港


そこにたまたま血液の先生が来て かなり高揚している一団を見て
「 いったい何の集まりなの? 」 と不審げに驚いていました。

↓ ビジネス以上のお客さんに配られる優先レーンのチケット

プレミアムレーン


そりゃそうですよね〜
何かに取りつかれたように 泣いたり笑ったりしている集団、
手を握り 頷きあっている患者たち。。。
きっと そこだけ異質な空気が漂っていたのでしょう、
教祖ぶっていた私は す〜っと現実に引き戻され 
まったく何を勘違いしてるんだろう私、 と恥ずかしくなりました。

でも明るい気持ちを持っていれば 同じ月日を過ごすにしても
きっと 良い方に働くでしょうね。

↓ ここが 入国審査の優先レーン

プレミアムレーン


旅行好きな方がいて もう一度NYに行きたいけれど もう行けない。。。
と言っていたので 次に完解した時に 行けるわよ、 と勧めてみました。
そしたら その方は 行ってもいいのかしら? と不安げに言うので
自分の事だから 自分の責任で行けばいいと思うのよ、
と言いました。
先生に 「 行っていいですか? 」 と聞くの? と問われたので 
ううん 私は 言わないで行っちゃうわ、 だって自分の人生だから、
自分で決めてもいいと思って、 と答えました。
潔ぎいい私です。

円安が進みつつある頃で 1タイバーツが3.8円でした。
( 空港の両替は高いようです、 街中だと 3.6円くらいでした )

空港両替 1タイバーツ=3.8円


そしたらその方 そうだわね、 次は絶対行くわ! と
心に誓っていました。
そういう目標が出来れば クヨクヨなんてしていられないしね。
病気の事を考えだすと 悪い方に行っちゃうから 
他の 楽しい明るい事を考えた方がいいよね。
とみんなで 意見が一致して その会はお開きになりました。

↓ ホテルに着いてすぐ夕食を食べに行った 
  「 マンゴツリー・シグネチャー 」

マンゴツリーシグネチャー


その後も それぞれ違う病室の患者ですが お互いの部屋を訪ねたり
物々交換したり 病院から出られないけれどそこそこ楽しく過ごしています。

では旅行記に戻って。。。

マンゴツリー・シグネチャーはホテルの方に予約をお願いしました 
 ( 空いていたので 予約なしでも全然OKだと思います )
↓ ホテルまで カートでお迎えに来てくれました。 
  ( でも徒歩5分くらいだと思います )

カートで送迎してくれます。


このレストランは 日本にもある高級タイ料理のレストラン 
「 マンゴツリー 」 の セカンドブランド的なお店で 
かなりスタイリッシュで素敵です。 ( バリ島にありそうな雰囲気 )
でもお庭や緑を眺めながらお食事したり 周りのセンスの良いショップを
のぞいたりするには 昼間に来るのも いいかもしれません。

マンゴツリーシグネチャー 店内


オープンエアーで ソファー席や屋外席など 異なったスペースで
お食事やお酒を楽しめます。
バンドの演奏もありました。

店内


私たちは飛行機で 食べどおしだったもので
簡単に パパイヤのサラダ 150THB と 
バッタイ ( タイ風焼きそば ) 250THB、 カクテル240THB×2
お願いしました。 〈 全部で880TB = 3340円 )

パパイアのサラダ


日本語メニューもあると スタッフは嬉しそうに出してくれましたが
それは タイ語の読み方をカタ仮名にしただけのものだったので
↓ 内容は全く ちんぷんかんぷん なものでした???

読み方が分かるだけの日本語メニュー


マンゴツリー・シグネチャーから歩いて10分ほどで
ルブアアットステートタワー というサービスアパートメントホテルに
到着します。
そこに有名な天空のバー 「 シロッコ 」 があります。 

ルブアアットステートタワー入り口シロッコ メニュー


この 「 シロッコ 」 はオープンエアーのレストラン&バーとしては
世界一高い場所にあるそうで 地上247メートルです。

ホテルの最上階に金色の丸いドームがあり 地上からもそれを
見ることが出来るので 歩いて行っても迷うことはありません。

レストランは目が飛び出るほどお高いようですが
バーは飲み物だけで入れます。

バーから


まず私たちは 64階まで行き 外のスペースが空くまで 
室内のバーで待つように言われ ビールを頂きながら待ちました。

コロナビール410THB=1500円
これに 税・サ がついて → 1700円くらい、 
多分シンハビールが一番安い飲み物で 320THBでした。  
( 1THB = 3.8円 ← 2014,11のレートです )

そしてスタッフに案内されてドームの外に出ます。
が そこからは撮影禁止で 沢山のスタッフが 
お客さんが撮影しようとするのを厳しく注意して 見張っています。

そのドームから階段を下りて レストランエリアに行くと 
その突端にスカイバーがあります。
そのバーのエリアだけからは 撮影できるようになっています。

シロッコから


でも 何せ人がとっても多くて ぶつかり合いながら撮影する状態で
落ち着いて撮ることが出来ませんでした。
シロッコの綺麗な写真は kumiさまの 
新・私の旅行記 「 シロッコ 」 編を 参考にして下さい。
写真もとっても綺麗に 撮られていますよ。

バーに行くには レストランを通っていくので 高いお金を払って 
お食事をしているお客さんは バーに出入りしている人たちが
頻繁に脇を通るので 落ち着かないでしょうね。

シロッコ スカイバー


丸いバーのカウンター内には7,8人のバーテンダーさんたちが
忙しくお酒を作っています。
バーのカウンターは このように色が変わります。

シロッコ1シロッコ2シロッコ3


ずっと念願だったシロッコに行けて 本当に良かったです。
参考までにHPからお借りした シロッコの全体像 の写真です。
手前がレストランで その間を縫って 先端のバーに行くように
なっています。 黄色い丸い部分がスカイバーです。 ↓

シロッコ HPから


↑ この位置からの写真は 観光客は撮れないようになっています。

シロッコへはシャングリラホテルとマンダリンオリエンタルからは 
歩いて行けるので リバーサイドのホテルは便利でした。

長い一日が終わり ホテルに帰ってきました。
↓ 夜のマンダリンオリエンタルホテルの入り口です。

マンダリンオリエンタルバンコク 入り口


さて 入院中の私ですが。。。

治療は また 治験をしていると書きましたが 
今回も 日本で初めて使うお薬で 第一相の治験です。
( 治験には 第一相 二相 三相 とあるのですが 
  この治験は まだ一相なので ちょっと怖いのは事実です。 )

お薬を点滴して その後 血液の副作用を観るために
15日間入院です。
その間 他からの影響を受けない様に 病院から出てはいけない
決まりです。
この薬は抗体薬と言って 悪い細胞にだけ取りつく薬なので 
自身で感じる副作用は それほど強くなく 今は 吐き気など
全く変化はありません。 
髪の毛は 多少抜けるらしい、と言われていますが 
一週間たった今も まだ抜けていません。 ほっ。

と言う状況ですので 点滴後の今は 採血しかやる事はないので 
とっても暇です。

有り難いことに お友達が訪れてくれるので いつもよりゆっくり
おしゃべりが出来て それはそれで 有意義な日々を
過ごせているので それも良かったかな、 と思っています。

夜のロビー


この先はいったん退院して 2回目の治療で クリスマスに
2泊3日の入院です。
クリスマスには院内でコンサートもあるので それなりに楽しめそうです。
あっ、 先日 病院内で 選挙の不在者投票もしました。。


では次回はため息が出るほど 素敵な滞在だった
マンダリンオリエンタルホテルバンコクの様子をお知らせします。

ため息の出るほど素敵!!!


では皆様、 年末に向けてお忙しいと思いますが 
どうぞ 寒さに負けず お元気でお過ごし下さい。

PS 前回のブログに たくさんの 「 拍手 」 をいただきまして
   本当にありがとうございました。
   また 「 拍手コメント 」 を下さった方も多く お返事は出来ませんが
   有り難く読ませて頂きました。
   とても励みになりました。 皆さまのお心使い 嬉しく思っています。

もうひとつPS 【日本発】チャイナ エアライン設立55周年記念 GOGOセール!
   と言うのを1月6日まで実施しています。
   日本発着の全ての便10%オフになるようです。詳しくはこちら


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kumi   2014年12月13日 21:50
紀子さま、こんばんは。

せかしてはいけないとは思いながらも
楽しみに待っておりました。
自分の方はなかなか更新できていないのに
何を言っているんだってことですよねf^^;
私の方は来週クリスマス会が終わったら
一気に、、(ムリかも^^;)と思っておりますので
お待ちくださいね。

教祖様、そうですよ、
怪しいそれではなくって
実際、紀子さまの12年は治療だけでなく、
その前向きな生き方が同じ病気の方たちには
何よりも光になると思います。

新しいお薬が効きますように。
私、強く強く祈っていますから。

ところでシロッコ、懐かしいです。
やっぱりすごい人だったのですね。
写真も制限ありで。。

ため息が出るほどのマンダリンオリエンタルの様子も
楽しみです。
でもどうか無理なさらずになさってくださいね。
2. Posted by 紀子   2014年12月14日 14:24
kumiさま

早速のコメント ありがとうございます。

そしてバンコクを旅行するに当たり kumiさまの旅行記を
色々参考にさせて頂きました。
本当に助かりました。

kumi様たちは お知り合いの方がいたので さまざまな所に
いらしていて またたくさんの素晴らしい体験をなさって
本当に良かったですね。
私たちはその半分にも満たない体験でしたが
シロッコには 行くことができてよかったです。
kumiさまのシロッコからの夜景はとっても綺麗に
撮れていますね。
でも とにかく人が多くて 写真を撮るの大変でしたよね。

そうそう kumiさまのブログで気になっていた事、
車内アナウンスの「ナーナー」のせつない呼び方、
本当にそうでしたね、あの「ナーナー」をきくと
心が痛んで。。。 何ででしょうね、あんな言い方。
でもそれに気づいたkumiさまは凄い感性の持ち主ですね。
感心しました。

この先 まだすこし入院していますが 私、
1日5千歩、歩く事にしているんですよ! 病棟を。。。
無心にせっせと歩いています。

3. Posted by mimi   2014年12月15日 11:40
5
紀子さま、こんにちは。
体調はいかがですか?

タイ旅行記、楽しみにしておりました。
ビジネスクラス、お食事も美味しそうですね。
お席もゆったり座れてよいですね。

マンダリンホテルやシロッコなどなど
お写真、素敵ですね。
こんなタイがあったんですね!  ←遅い・・・
古きよき時代とおしゃれな現代のハイソ・タイランドですね!
感動です。

日本で初めて使うお薬で第一相の治験なんですね。
紀子さまはチャレンジャーですね。
そのような前向きな精神が
病気の進行を退けられるのでしょうね。
今回も早く良くなりますように。

遅くなりましたが
ぎんちゃんへのお見舞いの言葉
ありがとうございます。
手術のために剃ったお腹の毛もすっかり生え揃い
今は何事も無かったように過ごしています。
左前足の白ポチ(点滴の針のせいで黒毛が白くなった)が
唯一の名残となっています。
あと、私はまだ当分は
バーゲンで15万円のコートを見ると
「あ〜ぎんちゃんの手術がなかったらこのコートが買えたのに」と
根に持っていることでしょう。


どうぞお大事になさってくださいね。
次回の旅行記も楽しみにしています。

4. Posted by アリス   2014年12月16日 05:50
今日はスマホからのコメントです。紀子様の記事楽しみにしていました。
バンコクまで乗り継ぎといっても、スムーズでビジネスクラスで行けるなら、こういう方法もありだなあ〜と思いました。
紀子様の旅はいつも、他の人が思いつかない新しいテーマや発見があるので、尊敬してしまいます。

病院での様子も目に浮かぶようです。みなさんの希望の光りになった紀子様、今回も絶対大丈夫と信じています。

オリエンタルホテルの記事もすごく楽しみです。なかなか泊まれそうにないですが、
紀子様の記事で夢をみますね♪

そろそろ自宅に戻られる時期でしょうか?無理なさらないよう、ゆっくり過ごしてくださいね。
5. Posted by ゆきえ   2014年12月16日 14:41
紀子さま、ご無沙汰しております。

kumiさまからご連絡をいただいた後、ずっとご病状を案じておりました。

入院中にもかかわらず、ブログを更新されたり、五千歩を目標に病棟を歩かれたりと、紀子さまのその前向きな生き方に私は勇気をいただきます!!私も希望をもって頑張らなくちゃ^^/

今回の治療が奏功されることを祈っております!またいつかお食事ご一緒させてくださいね♪
6. Posted by 紀子   2014年12月16日 20:40
mimiさま

いつも読んで下さり ありがとうございます。
またこのたびはご心配をおかけしています。

ぎんちゃん、無事に回復されて本当に良かったですね〜
点滴つながりの 私とぎんちゃんん。
ぎんちゃんは白ポチで 素敵なアクセントになっていいですね。
私は注射の針がなかなか刺さらなくて 何か所もさしたせいで
その部分が紫色にはれてしまいました。
ぎんちゃんの素敵なアクセントとは大違いです。

ぎんちゃんの手術代が15万円とは。。。
それはイタイですね。
今は 限度額認定証を出せば 支払う額が少なくて済む
昨今なので 人間の方が治療費はだんぜん安いですね。
私なら毛皮のコート? 指輪? 旅行?
夢が膨らむ金額です。

ではぎんちゃん、そらちゃんと素敵なクリスマス
をお迎え下さい。
ありがとうございました。
7. Posted by 紀子   2014年12月16日 20:50
アリスさま

こんばんわ♪
携帯からのコメントありがとうございました。

もしかして お友達との温泉旅行中ですか?
どうぞ ゆっくりのんびり楽しんで下さいね。

私は 退院まで後2泊です。〈血液の数値が良かったらね)
今日は病院で クリスマスコンサートがあったりして
結構忙しく過ごしています。
お食事も病院食を断って お友達や家族で
病院内のレストランで食べたりできるので
自由に過ごさせて貰っています。

今回のバンコク旅行、 アリスさまの行かれた
お花市場や真珠市場には行けなかったので 
(時間が足らなかった〜)
もう一度訪れたい バンコクでした。

ご主人さまにもよろしくお伝えくださいね。
ではおやすみなさい。
8. Posted by 紀子   2014年12月16日 21:01
ゆきえ様

ご無沙汰していますが いかがですか? 
コメント ありがとうございます。

私も ゆきえさまの事 思いだしていました。

私は病院にも恵まれ 今回の患者さんにも恵まれ
なんとか 一回目の治療がうまくいってくれることを
祈っているこの頃です。

病棟を歩いているということ、 3周回ると ちょうど千歩になるので
一日2,3回、 5周くらいづつ歩いています。
なんとか目標を見つけて 退屈な入院生活を張りのあるものに
変えて過ごしています。 

今回の入院中 たまたま血液の先生方が 
学会で サンフランシスコに行っていたので 
帰ってきた先生方にそこでのお話を聞いたりして 
サンフランシスコ妄想旅行を楽しんでいます。

では またお食事、ご一緒できる事楽しみにしています。
今度はスカイツリーが見えるところがいいかしら?

ゆきえさまも お元気でねっ!
おたがい 上手くいくように祈っています。
コメント嬉しかったです!  
9. Posted by yuchi   2014年12月18日 09:55
こんにちは!お久しぶりです。
以前よくコメントさせていただいた者です。
今年はずっと海外旅行を封印して、ひたすら英会話を勉強しておりました。
なのでコメントを控えさせていただいたのですが、
ずっと紀子様のブログ拝見して、旅の楽しさを疑似体験させていただいておりました。

私も実は再発率の高い病気があり、 紀子様のユーモラスで前向きな姿勢に、
自分もそうありたい、しっかりと今を愉しみたいと願っている1人です。
お薬が有効でありますよう、心より応援しております!
10. Posted by 紀子   2014年12月20日 21:51
yuchiさま

お久しぶりです。
ご無沙汰しておりましたが 今回コメントを下さり
とっても嬉しかったです。

旅を封印して 英会話とは 素晴らしいですね〜
海外を旅するのに 英会話が出来ると旅が何倍にも
楽しくなりますよね。
私は全く話せないのですが 身振り手振り、
そして単語を並べるだけですが 
なんとかこちらの気持ちをくみ取ってもらう事ができました。
でも いつかスラスラ話せるようになりたいです。
yuchiさまが今度 海外にいらっしゃる時には 
どんな旅になるのかとっても楽しみです。
効果のほどを教えて下さいね。

再発率の高い病気って ご心配ですよね。
でも自分で色々考えていても 今は客観的な結果が
ないと
先生も取り合ってくれないので あれこれ悩まず
とにかく 楽しく今を生きようという気持ちで
生活しています。
今回3年ぶりに入院して 色々ちょっと新鮮でした。
クリスマスも 病院で迎えるのは初めてなので
それも非日常的で めったにできない体験です。
どれもこれも 意味のあることなのでしょう、
と思うようにしてます。
では ステキなクリスマスをお迎え下さいね。
おやすみなさい。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字