エピナール那須

2009年07月21日

那須体験旅行  @  エピナール那須  パート2

2005年9月から 2007年11月までは 「 紀子の部屋 」
2007年11月から2009年7月までは 「 紀子の部屋2 」
を ご覧下さい。

那須体験旅行 @ エピナール那須 1 はこちらです。

西日を浴びるレストラン


地産地消の 那須フレンチディナーです。
夕方6時からのスタートでしたので この時間は
まだ西日がきれいに差し込んでいました。

このレストランは 14階に位置していますので 周りの樹木を
下に見ながらいただける雲上のレストランです。

ラ ベルデュール


レストラン テーブル


栃木県は海に面していないので 魚介類は地産地消とはいきませんが
他の食材の多くは 地元の農家と契約をして 新鮮なものを
いただけるそうです。

メニューアミューズ南瓜のポタージュ


魚介のタルタルと夏野菜


↑ 冷たい前菜
この魚介のタルタルは とっても美味しかったです。
量も タップリありましたし 添えてある野菜の色の美しいこと!

↓ 温かい前菜
この15種類の温野菜、 本当に15種類あるのかしら? と思い
一つずつ小さく切って 並べてみましたら本当に15種類ありました。 
( 当たり前ですよね、 疑り深い私 )

見た目もきれいで 美味しいお野菜たちでした。

15種類の温野菜15種類ありました。


↓ メインは お魚とお肉のチョイスです。

真鯛と帆立牛ヒレ


だいぶ 日も落ちてきて 夕焼けがきれいです。
デザートは 同じ階の裏側に位置している? バーでいただきました。
こちらは 少しカジュアルな内装です。

夕暮れ12デザートは別のお席で


トマトのソルベは はじめて頂きましたが とってもさっぱりして
思いかけずに美味しかったです。

トマトのソルベ小菓子


8時から 蛍鑑賞を予約していましたので このフレンチのコース、
2時間では ちょっと時間的に 短いようでした。
最後のデザートは急いで持ってきてもらい あわてていただきました。
( でもこのお値段でいいの?と思うくらい 充実していました )

蛍鑑賞夜のお庭


さぁ 8時からは 主人待望の蛍鑑賞です。
一人500円で 大型バスで連れていってくれます。
この日は 申し込んだ人が多かったようで なんと3台のバスで
時間差で 向かいました。

この行程 全30分くらいなのですが バスは 大型、
運転手さんとガイドさん ( おじさんですが ) まで
付いているんです。
そのうえ 現地にも 2人くらいスタッフが待機していて、
これって 人件費だけでも 大変ですよね〜

( 到着すると 缶の飲み物がいただけます。 )

辺りは真っ暗! 本当にまっくら!
何にも見えません。
ガイドさんが 最初だけ足元をチラッと照らしてくれますが 
後は ホタルの乱舞を堪能できるように 真っ暗です。
ここかしこに ホタルの光が…
きれい!きれい! はかないきれいさ、 
ホタルって寿命は 1〜2週間だそうですね。
そう思うと 余計 きれいに見えました。

ここは ホテルからバスで5分くらいの場所で 周りには川が
流れているようですが 地形の全貌は分かりませんでした。
ホタルの灯りを追いかけて行ったりして
よく 川に落ちる人がいないな〜 と思うくらい 
蛍以外 何も見えない場所でした。
でも そのお陰で 空を見上げたら 満天の星が…
思いがけず 蛍と星が 同時に楽しめました




さぁ お楽しみはまだまだあるんです。
ホテルに帰ると ロビーには 沢山のイスが…

夜の9時半から このホテルでは 毎晩 パーティーがあります。
「 森のハーティー・パーティー 」 と名づけられた演奏会が
繰り広げられるのです。

曜日によって内容は違うようですが 金曜日のこの日は
「 懐かしのグループサウンズ 」 特集でした!

うれしい!!!
私、 昔 GSの 大ファンでして… ( 汗 )
何でも歌えるのよ! あの頃の歌!

なんと このグループは ホテルの従業員が仕事の合間に
練習しているそうなんですが 
あの 「 ジャッキー吉川とブルーコメッツ 」 にいた
メンバーの 森本さんが入っているんです。
( いつもはフロント業務をやっているそうで。 )

だから かなり本格的なんですよ。
お席は満員! 無料のカクテルがいただけて 全員で乾杯して
パーティーが始まります。

「 長い髪の少女 」 「 好きさ好きさ好きさ 」 とか
「 ダイアナ 」 とかもありました。
全部、知ってる曲よ!
全部、歌える曲よ!

( 好きさ… の時は 皆、人差し指を正面に向けていました。
す、す、素晴らしい 皆、知ってるよね〜 ) 

夜のロビーロビーのパーティーグループサウンズ


そのうち 前の方で 何人か踊り始めて 次々増えて
15〜6人の方が踊っていました。

皆さんすごく楽しそうで 観客も皆、手拍子で。。。
すごく楽しかったわ!
こういう会は 楽しんだもの勝ちですね。
ジルバを踊っている人もいたくらいで 大盛り上がりでした。
司会の方も いつも盛り上がるんですが こんな盛り上がったのは
今日が初めてです。 と言っていたほど みんな一体となって
楽しんでいました。
観客は 5〜60代が中心で おじさんたちも楽しそうでしたよ!

ただ 「 ダイアナ 」 は主人は英語で歌っていましたが
私は 日本語で歌っていました。
「 ♪死んでも君を離さない 地獄のそこまで付いていく〜♪ 」
思わず、恐い歌詞だな〜 と改めて認識し ちょっと引きました。
ここが年代によって違うのね〜

ついでにお知らせしますが 私、 踊りもすごく好きなのよ。
結婚してからのお友達は そんな私をご存じないから 
ビックリするかもしれませんが かなり 踊り通なのよん。
ディスコが流行っていた時代ですからね〜

お部屋のお菓子夜のお部屋


ということで 興奮気味の夜でした。

朝食エルバージュ


興奮しながら眠った次の日は バイキングの朝食に向かいました。

私主人


主人は 全く元気で すごい食欲です。 ( 苦笑 )

こちらも 地産地消の献立で 特に気に入ったのが 青トマトの
お漬物でした。
朝漬けで とってもさっぱりして 美味しかったです。

青トマトのお漬物黒いゴムお持ち帰りコーヒー


このレストランでビックリしたのは 入口に 黒いゴムが置いてあって
何に使うのかしら? と思ったら 浴衣の袖を留めてくださいと。
お食事を取るときに 浴衣のお袖は邪魔になるからですよね。
こういう 配慮をしてあるホテルは初めてでしたので 感心しました。

そのほかにも お持ち帰り用の コーヒーもあって 
お部屋でゆっくり飲むもよし 帰りの車で飲むもよし 
こんな嬉しいサービスも 初めてのことでした。
 
お庭水上レストラン


教会結婚式教会


さて 私の最後の体験教室です。
主人はその間 敷地内の散策です。

カブトムシトンボお花


その体験とは トマトのジャム作りです。 ( 千円 )
昨日のシルバー教室でご一緒した方たちもいらしたので
そのグループに入れていただき 3人ずつ2グループで
トマトのジャムを作りました。

先生は 以前 「 晴れたらいいね 」 などのアウトドアの番組に
よく出演なさっていた 鈴木先生です。

ジャム作り123


456


和気あいあいと 皆さんで楽しく作った 手造りジャム。
最後は 先生のお話を聞きながら 作ったジャムをフランスパンにつけて
試食会も ありました。
鈴木先生! とっても楽しいお話ありがとうございました。

出来上がったものはお土産にいただけます。

789


なんと こんなにたくさんの体験をして 
思った以上に楽しかった2日間でした。

このほかにも 平日は 近隣に行くツアーなどもあり
時間が足りないくらい楽しめるホテルでした。

美味しいホームメードのパンを買って エピナール那須を
後にしました。

梅雨の合間でしたがお天気にも恵まれ とても良い思いでが
出来ました。

さようなら〜


さようなら〜


帰りは またまたバスで 途中2ヶ所で休憩を取り
予定時間よりもだいぶ早く 横浜に到着しました。

またしても 長〜い 旅行記になってしまいました。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

これで 「 那須体験旅行 」 完です。




murakinoriko at 13:51|PermalinkComments(16)

2009年07月16日

那須体験旅行  @  エピナール那須  その1

2009,那須


早いもので ブログをはじめてからもう 4年目になります。
その間皆さまには 根気よく読んでいただき 
本当にありがとうございます。

さて 毎回、長〜い長〜いブログを書いているせいで
「 紀子の部屋 」 に続き 「 紀子の部屋 2 」 も
容量がいっぱいになってしまいました。

2年、もたないんですね〜 

まぁ無料だからしょうがないと思い 有料プランも検討してみましたが
よく調べてみたら 有料プランも 容量は今のブログと同じでしたので
また無料の 「 紀子の部屋 3 」 を 新たに作ってみました。

どうぞ 今後とも お付き合いよろしくお願い致します。



さて ↑ きれいな夏空は 那須高原です。

横浜から直行バスで那須に到着


以前から ホタルを見に行きたいという主人の願いをかなえるべく
蛍鑑賞できるホテルを探していましたところ
那須高原にある 「 ホテルエピナール那須 」 が 
この時期 蛍鑑賞ツアーを 催しているということだったので
早速行ってきました。

伊豆付近のお宿でも 鑑賞ツアーを 催しているところも
ありますが 今回の エピナール那須は 往復バス付きプラン
というものがあって なんと 横浜から直行バスが出ているということと 
ホテルで色々体験が出来るということが 決め手になりました。
これだと 主人ものんびりいけるし 雨でもホテルで楽しめますからね。
 
横浜は 天理ビル前から 立派なバスで出発です。
 
エピナール那須


朝の時点では 空模様が危なくて 現地も小雨かも、と運転手さんが
言っていましたが 途中から お天気が回復してきているので
気持ちの良い滞在が出来るでしょう、と 嬉しい案内をしてくれました。

途中2ヶ所で休憩を取り ホテルに1時に到着です。
素晴らしく 大きな木々に囲まれた広い敷地の中 
花々がきれいに咲いているアプローチを通り ホテルに到着です。

エピナール那須ロビー


広いロビーの向こうには 緑が一杯。
私達はこのようなスタイルの大型ホテルは初めてだったので
ちょっと不安もありましたが この爽やかな 広いロビーと
緑に囲まれた庭園を望むラウンジを見て すっかり 気持ちが
晴れやかになりました。

明るいロビープリンと水ゼリー


緑あふれるラウンジ


ラウンジで 評判のプリンと水ゼリーを頂き 暫く寛いだ後
お部屋に案内して頂きました。

お部屋は 「 コーナースイート 」 をお願いしました。

お部屋


ベッドソファー


2面を 素晴らしい樹木と空に囲まれた コーナースイートルームは
各階に4部屋あるので 予約も取りやすいようですし お値段も 
2食、 バスつきで 2人利用で 一人25000円ほどなので 
部屋と景色を考えると 本当にお得と感じました。
( 人数が多くなると2万円以下でも 宿泊できます ) 

広いベッドルーム 、 リビングルーム + 和室も付いています。

123


ソファー3010号室


この見事な樹海の下には 別荘やホテルなどが点在しているようですが
この季節は 木々が茂っているので 全く見えません。
那須の御用邸も この樹木の中に隠れているとのことです。

窓からの青空


さぁ 3時半から 私は体験教室に申し込んでいるので
手入れが良くされているお庭を通って 工房に向かいました。

空お庭


お庭の花々道のお花


このお庭 本当によく手入れがされているのでビックリしました。
沢山の種類のお花が咲き誇っているのですが 花がらも きれいに
摘み取ってあり このご苦労は 大変なものだと感心しました。

広い敷地には 運動場もあり そこでは 会社の旅行なのでしょうか? 
大勢でサッカーをしたり 大縄跳びをしたり この良いお天気の元
皆さん とっても楽しんでいました。

運動場を通って


そのほかこの敷地内には パターゴルフ グランドゴルフ
アスレチック 卓球 などなど お楽しみがたくさんありました。

アスレチックパターゴルフ工房


さて私が向かった工房では…
曜日ごとに 様々な体験教室が開催されていて 調度この日は
「 シルバーリング作り 」 教室が開催されていたので 
それを体験してきました。

以前から やってみたかったので ワクワクです。

シルバー作り工房


シルバーアクセサリー作り色々あります


シルバーリング作りとなっていますが 作れるものは リングのほかに
ピアス と ネックレス もありました。
見本を見て 好きなものを選びます。

リング作り123


455


78先生


私は人差し指にする リングを作りました。
1時間半強かかりますが 優しい先生の元 他の生徒さんも
5、6人くらいいて おしゃべりしながら 和やかに進みました。

私は 意外と手先が器用で ( これが自慢です、 つるし雛作りの
にも 自慢しましたよね ) 細かい作業が好きなので 楽しく
作れましたし 結構上手に作れて 先生や皆さんから絶賛されました。

先生が 見栄えがいいようにと 撮影用に黒い箱を貸してくれました。
素敵に作れたでしょう?

この 四葉のクローバー模様は ハートの形を4つ、つなげたもので
こんなにもきれいに 四葉に出来るなんて とってもお上手よ!
と 先生に偉く褒められました。

私は先生に 「 これで幸せになれますか? 」と聞いたら
先生は 「 もちろん! すごく幸せになれますよ! 」 と
答えてくれました。
( ちょっとこの私のせりふ 芝居がかっていますね〜 )

完成工房


思い通りの素敵な出来栄えに にっこりの私でした。
費用は3300円です。

主人はその間 自転車を借りて那須高原を一回り、していました。

近隣の景色遠くからエピナール那須を望む


梅雨の最中なのに 本当に気持ちの良いお天気になりました。 
高原は爽やかで そのうえ素晴らしい体験も出来て 
大型ホテルでありながら 一人ひとり 違ったお楽しみができて
主人も私も それぞれにエンジョイした 午後でした。



夜には 蛍鑑賞があるので 夕食は 6時からお願いしました。

このホテルは バイキングがとっても評判がいいようなのですが
私達は2人なので ゆっくりお食事したかったので 
こちらも評判のいいフレンチをお願いしました。

お部屋から〜夕方の夏空


レストランは最上階にあるので 素晴らしい夕焼けが望めました。
このホテルでは 地産地消を モットーにしていますので
( 海に面していないので 魚介類は無理ですが )
お野菜や お肉などは 近隣の農家と契約しているようで 
その美味しい食材がふんだんに楽しめる 夕食が楽しみです。
 
レストランからの夕焼け


次回は 夕食、 蛍、 〜 翌日のジャム作り体験です。
続きは パート2で。

murakinoriko at 12:49|PermalinkComments(4)