2011、1月 沖縄 ブセナテラス

2011年02月01日

2011 新春沖縄旅行  〜  ザ・ブセナテラス

006


前回のブログからだいぶ間があいてしまい 2月になってしまいました。
今日から沖縄は プロ野球キャンプの開始ですね。

今年最初の旅のブログは 1月中旬に娘と3人で行った
「 2011新春沖縄旅行 ザ・ブセナテラスホテル 」 です。

新春の富士山


以前から何度か 沖縄旅行は皆さまにもご紹介しています。
今回は 手配や情報などを中心に書いていきたいと思います。

以前の沖縄旅行記
「 2006年 沖縄 日航アリビラ 」
「 2008年 沖縄 ジ・アッタテラス 」
「 2010 喜瀬別邸 〜 ブセナテラス 」
はこちらです。
これらの旅行記には だいぶ昔の情報などが含まれていると思いますので
お出かけの際は もう一度確認をお願い致します。 


さて 機上からの富士山、 新春らしく雄々しい姿です。
前回もお話しましたが 飛行機は マイルで予約しました。

今回の旅行は 
1、 JALのツアーで行く
( マイルがたまる でもブセナのお部屋はガーデンビュー )
2、 ホテルは個人手配で おともdeマイルで行く
( 1人は1万マイル必要 後の2人は航空券を購入するのでマイルがたまる )
3、 ホテルは個人手配 飛行機はマイルでの特典航空券で行く
(  マイルはたまらないが 飛行機代がない分 支払う金額は少ない )

と3つの三つの選択肢がありました。

ザ・ウセナテラス


ブセナテラスのお部屋は 一番下のカテゴリーから
ガーデンビュー
ナチュラルオーシャンビュー
デラックスエレガント オーシャンビュー 
と3つのカテゴリーに分かれています。
( それ以上のお部屋も何種類もありますが 非常にお高い )

ツアーの場合 ガーデンビューのお部屋ということが多いようですが
館内には 海を眺められる場所がたくさんありますので
オーシャンビューにこだわらなければ お部屋からの眺めも緑が多くて
静かいでよいお部屋です。
が今回は 3人で泊ることを考えると
ガーデン、 ナチュラル ともにお部屋は36㎡なので
やはり 43㎡あるデラックスエレガントに宿泊したいと希望しました。

それでホテルに問い合わせてみると
ツアーでも アップグレード追加代金を支払えば ガーデンから
ナチュラル、エレガント にお部屋を替えることが可能だそうです。

○ガーデン⇒ナチュラルオーシャン
 ¥4200(1泊お一人様)

○ガーデン⇒スタンダードフロア・デラックスエレガントオシャンビュー
 ¥6300(1泊お一人様)

○ガーデン⇒クラブフロア・デラックスエレガントオーシャンビュー
 ¥12600(1泊お一人様)

とのお返事をいただきました。
( クラブフロアーは2名1室のみ、だそうです )


そこで いろいろと計算をして悩んでいる私に 主人が 
とにかく支払うお金が一番少ない方法で行くのが一番いいんだよ、 
と すこぶる王道の選択肢を提案してくれました。

そりゃそうですよね〜
それに JALのマイル特典航空券も 簡単に予約はとれないので
取れる時期に 取れる路線で使っておいた方がいいよと。

それで ホテルだけ個人手配で 飛行機は特典航空券で行くことに
決まりました。

その時点で ブセナテラスの エレガントのお部屋 3名2泊で
108000円で予約可能でした。
 
参考までに JALの沖縄便6月までの先得割引の代金が出ましたね。

サウスタワー デラックスエレガント


ところが ホテル予約を私がぐずぐずしている間に 
( 私の体調が良くなかったので 予約を渋っていました )
ブセナのHPに お正月のお年玉として 1月1日から1週間
エレガントのお部屋をお得に予約できるプランをHPに掲載します、
と出ているではありませんか?
( 宿泊は 1月10日から2月10日までの期間限定 )

それでお正月に早速予約をしたわけです。
なんと 3名2泊 全 朝食 夕食付 70800円という
嬉しいお値段!!!
つまり1人1泊 2食付き 11800円というお年玉企画だったのです。
( 2名だと 1人1泊2食付き 15000円弱だったと思います )

( 事前カード決済の場合 夕食付になります。 )

033


それで見事 お安く沖縄旅行をゲットできました。

でも。。。 沖縄は年末からほとんど曇りだそうで。。。
結構寒いという情報でした。

035


到着すると やはり沖縄は 時々小雨 そしてくもり空、 
それに結構寒いんです。
気温は15度と言っていましたが 風があるので体感温度は低く
やはりダウンのコートがいりました。

でも くもり空でも 沖縄の海は 大変きれいでした。
晴れていなくてもこんなにきれい!

ブセナテラス 海


お部屋は デラックスエレガントの サウスタワーにして貰いました。

チェックインの時に スタッフの方から前回はノースタワーでしたが
今回は どうなさいますか?と。
禁煙館はノースになるらしいのですが サウスも 消臭はしてあるとのこと。
それに サウスの方が 移動がし易いので 今回はサウスにして貰いました。
サウスは ロビーからすぐのエレベーターで 大浴場や スパ プールに
近いのでとても移動しやすいのです。

反対に ノースは 渡り廊下を渡って行くので かなり歩きますが
その分大変静かだそうです。

( 今回は お子様のいない時期だったのでサウスも大変静かでした。 )

1階プール前のラウンジ


この時期は前回もお話しましたが ( 1月の連休後〜2月の連休前まで )
大変静かに過ごせるようです。
大人の方の中に 少し赤ちゃん連れのカップルがいるという感じでした。

娘たちの希望のマッサージも その日すぐに 予約がとれました。
エステではなくマサージをしたのですが かなり技術も上手で 
満足したようです。

この場所は アクテイビティカウンターがある所で この先に
ヨガフロアー ジム プール マッサージ エステ 大浴場
そして無料で使える 洗濯機と乾燥機 があります。

017


冬でも緑が大変きれいで 鏡に映る緑もきれいです。

室内プール


屋外プールはもちろんクローズですが 室内プールも泳ぐ人はほとんどいず
昼間はみなさん観光に行っているのでしょう。
このような施設を使うには ピッタリの時期です。

上階プール


敷地は大変広いので お散歩には最適です。
ホテル棟とは別の建物内には 中華 イタリアン コンビニ バー
などが入っている別棟群があります。 

その建物群にある セレクトショップです。  
とっても素敵な1軒の邸宅のようになっていて そこに様々な
品質の良い雑貨が展示販売されています。
見ているだけで本当に夢の様な空間が広がっています。
食器は バリの ジェンガラが飾ってありました。

こんなおうちに住みたいね〜 と娘達。

この ピンクとブルーの大きなバッグ、 前回夏に行った時に
ブルーのバッグを購入しました。
大きさの割に たいそうお安かったので 海に行く時に使いましょう、
と思って購入したんですが 海に行かないので 使い道がありません。
お花見の時にでも 使いましょうか。

ホテル セレクトショップ


さて お食事についてです。
ブセナテラスのレストランは どこもとってもお高いです。
ホテルから気軽に歩いて行ける距離には お食事をするお店がないので 
タクシーで近くのお店に行くか またはホテル内でとるようになります。
今回は 夕食が2回分ついていましたので とっても助かりました。

ただ この特典でついているお食事は 通常のメニューではなく
特典限定のメニューでした。
多分 金額的には 1名分4000円くらいのメニューだと思います。

特典の夕食が頂けるのは 中華 日本料理 ビュフェの3店舗で
前回 お昼をいただいてとてもおいしかった 「 琉華菜苑 」 に
今回も訪れて見ました。

琉華菜苑海老すりみ 牛ヒレ


ホテル棟から少し離れた バニヤンビレッジにある中華料理の「 琉華菜苑 」
レストランの雰囲気も 接客も素晴らしく 静かなな雰囲気の中
洗練された中華料理のコ−スをいただきました。

リピーターへのお土産のちんすこう


前回 私が足を痛めた時に 親切に対応してくれた お若いバトラーさんに
今回もまたお会いすることが出来ました。

チェックインの際に 再度そのバトラーさんが 対応してくれたのです。

 薄日がさした朝


私の事も良く覚えていてくれて 再会を喜びました。
ブセナテラスは 暮れからお正月にかけては 全館満室の日が続き 
そのスタッフの方も お休みもなくずっと働いていたそうです。
とっても明るくお話されていて また元気を貰うことが出来ました。

700室もある大型ホテルで満室の日々。。。 
本当に大変なお仕事です。
でもこうして お元気に働いている姿を見ることが出来て
私もとっても嬉しかったです。

朝食


このブセナテラスホテルは 2000年、九州沖縄サミットの舞台になりました。
2日目の朝食後 お散歩がてら見学しました。

万国津梁館


それが万国津梁館です。
ホテルから坂を上って すぐのところに その建物はあります。

サミットホール


とっても見晴らしの良い 東シナ海を望む岬に建っています。
サミット首脳会議が行なわれた サミットホールです。

2000年沖縄サミット


ホテルの敷地への入口に 今日は 万国津梁館の見学が出来るかどうか
掲示してありますので 会議などがない日は無料で見学できます。

沖縄サミット首脳会合


広いホールには サミットの写真や その経緯などの説明がかいてあり
またカフェ内には 各国首脳は 沖縄のどのホテルに泊まったとか
各国何人の随行者が来たのかとかの 詳しい説明も出ていました。

サミットホール横


素晴らしい景色のサミットホール。
娘たちは 今回の沖縄旅行の中で この万国津梁館の見学が
一番印象に残ったといっていました。
私もとても興味深かったです。

皆さまも 沖縄を訪れる事があたら ぜひ足を伸ばしてみてください。
お天気がいいと もっと素敵だと思います。

左の建物 カフェ


いつもご挨拶するホテルのスタッフの方にもお会いでき
サミットが決まるまでのお話や テラスホテルの新しいホテルのお話
プロ野球キャンプのお話など 興味深いお話を聞くことが出来ました。

この時期 プロ野球キャンプ見学のお客様が多いのですかと尋ねたら
それ目的のお客様が多くはないそうですが 練習がオフの時など
選手がご飯を食べにホテルに来ることがあり その時には ホテル内も
大勢のファンで賑わうそうです。

野球選手は すごく素敵! とおっしゃっていました。
( あっ、 解説者の人も 素敵だそうです。
体も大きいし オーラがあるそうです )
かつて 新庄選手も このブセナテラスで結婚式を挙げましたよね。



水槽横のカフェ


2日目の昼間 くもり空の中 美ら海水族館にも行ってきました。

ちゅら海水族館


今回は美ら海水族館の割引入場券を 許田の 「道の駅」 の
「 やんばる物産センター 」 で購入して行きました。
物産センターのレジで 1800円が1550円で買えます。

このやんばる物産センターは 美ら海水族館に行くには
必ず通る道沿いにあるので寄ってみるといいかもしれません。
果物 野菜 飲み物 お土産 お酒などなど たくさんの種類の品々が
並んでいて しかもお安く買えるので多くのお客さんで賑わっていました。

水族館に行く途中の ファミリーマートでも 割引券販売とかいた 
「のぼり」が出ていましたので そこでも安く買えるようです。

また夕方4時からの入場ですと 1260円で入場できると
パンフレットに書いてありました。 2011年1月現在
( 冬場は 6時半で閉館 入館は5時半までです )

2


お年寄りの団体客で結構賑わっていた水族館、
ちょうど 水槽内でのダイバーによる餌付けを見ることが出来たので
楽しかったです。

森カフェ


ホテルに帰る途中で 森カフェに寄りました。

沖縄には 絶景カフェが多く 海カフェ、森カフェがあります。
水族館の道から 内陸部に入ると やんばる( 山原 ) と呼ばれる
森の中に入ります。
森の小道をすすむと こんな通りにあるの?というくらい 不安になる道
を ずんずん進むとその先に お目当ての森カフェがありました。

森カフェは何軒もありますが 今回は 今帰仁城跡の奥にある
「 菜食レストラン ハーブ 」 です。

どれも注文してからお料理していたので 作りたての熱々
量も非常に多くて 充実したランチになりました。

お天気が良ければ やんばるの森からの絶景が望めたことでしょう。 

メニューおにぎり膳 ぜんざい お粥


夕方からのホテルでは 娘たちは ジムで体を鍛えたり
浜辺をマラソンしたり 私は館内をぶらぶらしたり。。。

夕方からはお庭がライトアップされ プールサイドでは 5時から
トランペットの生演奏もありました。

ライトアップされたお庭


2日目の夕食は ビュフェレストラン 「 ラ・ティーダ 」 で
頂きました。
特典でついている夕食も このレストランでは 
一般の人と同じメニューの ビュッフェです。

ラティーダ夕食


2


前菜がきれいに並んでいます。
どれも小鉢で盛りつけてあるので とりやすいですね。

前菜 ビュッフェ台1


どれもきれいでおいしそう。
この日のメインメニューは 牛肉のパイ包みと ブイヤベースでした。
スタッフの方の接客も本当に素晴らしいものでした。

最後には バースディケーキで 小さくお祝いしました。
( 1月3日が私のお誕生日だったので )
ここで 本来はバースディソングを歌うのですがと ケーキを
持ってきたスタッフが言ってくれたのですが それは遠慮して 
スタッフの女性と娘の4人で小さい声でお祝いしました。

バースディケーキ


ケーキは3人分だけ切り分けて頂き お部屋でいただきました。
このケーキ 新作だそうで まだレストランのスタッフも
味わったことがないといっていました。

フルーツたっぷりのおいしいケーキ 春らしい飾り付けでした。

お部屋でいただきました


夜のロビー


最後にブセナテラスの館内図です。
近々ブセナにいらっしゃる方がいるので 参考になれば。

( クリックして頂ければ大きくなります。
もう一度クリックするとさらに大きくなります。 )

館内図 赤のお部屋に宿泊


おまけに ゴルフの案内です。

ゴルフの案内


主人からメールで もしかしたら沖縄訪問中の馬淵大臣が 
今日帰るかもしれないね、 そうだとすると空港は混んでいるから
気をつけてね、と連絡がありました。

「 もしかしたら同じ飛行機かも 」 と私は返事をしました。

だって私達の乗る帰りの飛行機 数日前まで座席指定が出来なかったのです。
指定しようとすると 指定できる座席がありませんと 画面に出るのです。
しかも クラスJ席の設定もなかったのです。
(勿論 飛行機そのもにはクラスJの席は存在しているのですが )

それが数日前に 突然 JALのHPで 座席が指定できるように
なっていました。
それも設定のないクラスJ席が 追加料金なしで指定できるんです。

( ついでの情報ですが JALの国内線の座席指定ですが 
前日の朝5時の時点で 指定できるすべての席が画面に出るようです。
並びで席が指定出来なかった時も 前日にHPで確認してみてください
詳しくはこちらです。 )

そんなこともあって これは絶対この飛行機に 
馬淵大臣一行が乗るに違いないと私は確信していました。

そして 搭乗口に行くと。。。。

帰りの飛行機から


なんと 並んでいたのは たくさんの高校生。

何百人の修学旅行の高校生と同じ飛行機でした。 とほほ。。。

着陸直前の機内アナウンスでは 
○○高校の皆様、 ご搭乗ありがとうございました。
またの機会に 皆様にお目にかかれれば幸いです、 的な
アナウンスが流れていました。


という オチ の 新春沖縄旅行記でした。


murakinoriko at 21:42|PermalinkComments(12)TrackBack(1)