2013,5 沖縄 テラスクラブアットブセナ

2013年11月12日

2013,5 沖縄 ザ・テラスクラブ アット ブセナ 2

ワインと海


2013年5月に訪れた 沖縄 「 ザ・テラスクラブ アット ブセナ 」
1回目の 「 ホテルのお部屋 施設編 」 はこちら
2回目の今回は 「 お食事と予約編 」 です。

ブセナの朝


あいにく5月下旬は すでに梅雨入りしていましたので
ベランダから見える空には 雲が多く垂れこめていました。
でも雲の合間から キラキラ水辺に反射する陽も見ることが出来 
やっぱり 海辺の朝は気持ちがいいです。

ラウンジ


このホテルは すべてのお部屋にクラブサービスが付いています。

午後のティータイム、 夕方のカクテルタイムが 
どのお部屋に宿泊しても 無料で楽しめるのです。
クラブラウンジには ピアノと籐の椅子、 そしてグリーンが
ゆったりと配置されています。
そしてその奥に レストランが繋がっています。

レストランからラウンジを見る


↑ レストラン側からラウンジを見たところ。

ラウンジ、外の席


ラウンジ、 レストランともに 外の席もあります。

クラブラウンジ、カウンターバー


↑ ラウンジを入ったところにバーカウンターがあります。

アフタヌーンティーは 滞在2日目に利用しました。

アフタヌーンティー


前回 お話しをしたブセナの会員サービス、 入会すると 
その特典として 誕生日月にはケーキとシャンパンが付きます。

今回は アフタヌーンティーの時間にあわせて ラウンジで
そのケーキを出していただきました。
( この時間帯は 小菓子、ドリンクなど無料で楽しめます )

↓ お豆腐で作ったケーキ ( だそう ) です。
  ( ここテラスクラブは 健康志向のホテルなので )

会員特典のバースディケーキ


そして 海を見ながらケーキを楽しんでいると 5時になり
私たちはそのまま カクテルタイムに突入しました。 ( 笑 )

カクテルタイム


こんな感じでくつろぐゲスト。

クラブラウンジ


私たちはこのホテルに 2泊しましたが 
1日目は夕方遅くに到着したので 1日目のカクテルタイムは
写真撮影のみでした。
そういうことで アフタヌーンタイムとカクテルタイムは 
残念ながら一度しか楽しめませんでした。
でも この一度の ( 無料の ) 至福の時間を 
たっぷりと ゆっくりと 充分堪能させていただきました。

カクテルタイム


カクテルタイムのおつまみは お料理4品とナッツです。
海外のリゾートホテルのクラブラウンジと比べると
決して品数は多くありませんが どれも品のあるお味で 
目にも美しいお料理を 美味しく頂きました。

アクテルタイム、オードブル


シャンパンは自分で注ぎ、 他のアルコールやソフトドリンクは 
スタッフさんにお願いします。

グラスが空いていると スタッフさんが回ってきて 飲み物を
薦めてくれました。 皆さん結構飲んでいましたよ。

カクテルタイム ワイン


次は 一日目の夕食の様子です。
私たちが申し込んだ ホテルの宿泊プランには 
夕食が1回、 無料で付いていました。

ガラスのお魚


事前にメールで夕食の内容をお聞きしたところ 利用できるレストランは
このホテルのファインダイニング そして ブセナテラスのメインダイニング、 
中華料理、 和食、 ブッフェ料理 の中から選べるとのこと。
( 今は イタリアンレストランも入っているようです )
そして ビュッフェの場合は 飲み放題がつくということでした。
ブュフェレストランは 他のレストランに比べ 料金が安いので
飲み放題をつけたのでしょう。
( これっていいですね )

↓ 参考までに  ( 2013,5 現在 )
  今回 私たちが予約したプランで提供される ブセナの
  各レストランのメニューです。

パッケージ用お食事


テラスクラブのファインダイニングでいただく場合は 
メールに添付してあったアラカルトメニューの中から
( 通常のメニューから いくつかのお高い料理を抜いたもの ) 
前菜 スープ サラダ メイン デザート と好きなものを選んで 
各自コース仕立てにするということでした。

夜のレストラン


↓ お誕生日特典のワインは 夕食時に出して頂きました。

お誕生日特典のワイン


ということで 最初の夕食はテラスクラブのファインダイニングで
メニューを見ながら お料理を選びました。

ディナー


子供は入れないホテルですので ゆったり静かな雰囲気です。

このレストランは 健康志向のメニュー 「 shimaキュイジーヌ 」
というコースが有名です。
でも アラカルトメニューには 健康に気を配ったウエルネスメニューと 
もう少しボリュームのある普通のファインメニューの2種類のメニューが
ありました。

健康志向のメニューのレストランと聞いて 主人は少し ( かなり )
乗り気ではなかったのですが 普通のメニューもあり 
またウエルネスメニューも 思いのほかボリュームもあり 
充分満足していました。

アスパラスープ


たとえば このアスパラの前菜、 ウエルネス (健康) メニューから
選びました。

「 アスパラのグリエ アグー豚の生ハム添え 豆乳とパルミジャーノチーズ 」
というもので 149カロリーですが このボリュームです。 
スープも具がどっさり。

お魚サラダ


というように 決して量が少ないとか サッパリしすぎているとかではなく
カロリーを少なくしつつも 単一の味にならないよう 調理法などに
工夫を凝らし 美味しい そして体に優しい内容のお料理ばかりでした。

メイン


↑ ファインメニューから 伊江島産 合鴨ロースのソテーです。

  
デザート


それぞれ メニューから値段を調べたら 各々のコース合計金額は
一人9000円くらいになっていました。
お仕着せのコースよりも 私はこの夕食が とっても気に入りました。
美味しかったです、もう満腹。

夕食付きのプランはとってもお得でした。


次は 翌日の朝食の様子です。
ラウンジの奥がレストランになっています。

朝食 レストラン


朝食は 体に優しい沖縄食材を使ったローカロリーのメニューが
中心になっています。

サラダ


サラダも色々な野菜があります。
またフルーツも。

フルーツ


麺やオムレツステーションもあります。
ホワイトオムレツが人気のようでした。

麺ステーション


そしてなんといってもフレッシュジュースです。 ( 今、話題の )
フレッシュジュース絞り機です。

ジュース絞り切ジュースが出てきます。


オレンジ3個を入れると ちょうどコップ一杯のジュースが絞れます。
お砂糖も何も入れない 本当のオレンジそのもの。
大変美味しく そして自分で作れるので それも楽しかったです。

( すべて 2013,5月の情報です )

ホットミールジャム


温かいお料理もいろいろあります、
そしてなんといってもジャムの種類がたくさん!

ホワイトオムレツと麺


↑ 私が頂いた 麺にホワイトオムレツ サラダなど。

ハムもあります


↑ 主人が食べた ハム類。

↓ 私のお楽しみ、 フルーツ色々です。

私の朝食


天気が良ければ 外の席も気持ちがいいでしょう。

お外の席


私たちの2泊3日の滞在ですが 真ん中の一日だけが動ける日です。
この日の予定は 朝ごはんの後お散歩 〜 車で名護までおそばを食べに、
2時からタラソプール 4時からラウンジでお誕生日特典のケーキを頂く事に
そして5時からカクテルタイム、 8時から夕食 という流れで 大忙しでした。

我部祖河食堂


私たちが 外でおソバでも食べようと ホテルを出発する時
ホテルのスタッフさんが 走って車の所まで出てきて
手作りの 近隣のランチスポットの案内地図をくれました。
可愛いイラスト入りの案内図です。

お薦めされていた食堂 名護の 「 我部祖河食堂 」 です。

お昼の食堂


食堂は 大きなマンションの1階にありますが 
中は普通の沖縄民家になっています、 雰囲気がありますね。
来ているのは地元の人が多いようでした。

我部祖河食道メニュー


ソーキソバと 肉そば 小 を頂きました。

ホテルに帰ると 先ほどのスタッフさんがお出迎えしてくれたので
大変美味しく頂いた報告が出来ました。
このように部屋数も少ないホテルなので スタッフさんとの距離も近く
色々とお話しもできました。

ソーキソバと肉そば 小


2日目の夕食は ブセナテラスの中華料理にしました。
チャイニーズダイニング 「 琉華菜苑 」 です。
宿泊しているテラスクラブからは カートで送迎してくれます。

夕暮れのサックス


ブセナテラスでは夕方サックスの演奏がありますが
この日も 幻想的な景色の中 素晴らしい音色が響いていました。

夜のブセナテラス


すべての景色がブルーに染まり 思わず言葉を失うほど
荘厳な風景でした。

前回のブログでもお伝えしたように 私たちは この滞在のために
テラスクラブの会員になりました。 ( 入会金1万円 年会費5千円 )
その特典に 2名のディナーが付いています。
この日のお食事はその特典で頂きました。
( 上記の4つのブセナのレストランかテラスクラブのレストランの選択 )

夕暮れのブセナテラス プール


ブセナテラスのこの時期は 赤ちゃん連れが大変多かったです。

夜のブセナ


この中華レストランも 私たちの予約が当日だったということも
あったのでしょう、 幼児連れのファミリーで大混雑のお部屋の席に
案内されました。
だからちょっと 落ち着かないというか。。。

中華レストラン メニュー


周りを見渡すと 皆さんコース料理を召し上がっていましたが
良く見ると コースは3種類くらいあったかと思います。

中華前菜


前回 娘たちと来た時は 落ち着いたお席に通されたし 
お料理の内容も良かったと思いますが 
今回のコースは ちょっと 私の好みではない内容でした。

牛肉


まぁ でも テラスメンバーになったことで 2人分のお食事と
バースディケーキ お祝いのシャンパン 写真のプレゼントなども
あったので それは満足しています。

特典のお食事の内容は 予約したプランや時期によって
内容が違うでしょうから
予約の際に 直接ホテルに質問してみるのがいいと思います。
レストランは数ヵ所あるので せっかくならば ご自分好みの
メニューがあるレストランがいいですものね。


雨のブセナテラス


滞在3日目の最後の朝食は ブセナテラスのビュッフェレストラン 
「 ラティーダ 」 でとりました。
たくさんのお料理がきれいに飾られて 食欲が増します。
でも 外は雨。

ビュッフェレストラン、ラティーダ


朝食2朝食1


色とりどりで華やかです。

私の朝食


雨の中 ちょっと外に出ましたが プールサイドカウンターに
コーヒーのセットが用意してありました。
紙コップにふたも付いていたので 朝の散歩に 
持ち歩けるようになっています。
嬉しいサービスですね。
このコーヒーサービス、 今回初めて気が付きました。

プールカウンターにコーヒーが


最後に テラスクラブのタラソプールのことを少し。

↓ 昼間はこんな感じです。 HPから ( 写真禁止なので )

タラソプール


タラソプールではビキニはダメ、 ( もちろん私は着ないけれど )
またお化粧もダメなので 入る前や後にちょっと時間がかかります。
お着替えルームや シャワールームなどは大変きれいです。

( 伊豆の赤沢迎賓館のタラソプールは お化粧については
何も言われませんでした。 水着はタダで貸してくれました。 )

プールは ジャグジーが体の各部分にあたり 順番に入っていくと
体中の筋肉がほぐれるような感じがしました。

暑くもなく寒くもないこの時期は とっても気持ちの良いもので
1時間ほど 楽しませて頂きました。( 温水です )
陽が出ていると 日よけのため 上に布が張られます。

タラソプールの詳細はこちらです。
( 宿泊者は無料で利用できます )

↓ 夜のタラソプールです。

夜のプール



ブセナテラスはやっぱり素敵。  ↓ ティーラウンジ 「 マロード 」

ブセナテラスのティーラウンジ



今回の 滞在プランは
「 2つのブセナの多彩な美食  選べる夕食1回つき 連泊 」 
というものです。

↓ 華やかなブセナテラスのロビー

華やかなブセナのロビー


このプランは 通年販売で しかも 金曜日や土曜日も
平日と同じ料金なので 利用しやすいプランです。
私の利用した時には 3名一室利用というのがなかったのですが
今、 HPを見たら 3名で泊まれるようになっていて お値段も
お安くなるので 使い勝手がいいホテルになったようです。

 
主人は沖縄が大好きです。
やはり海育ち、 という生い立ちが 沖縄へと心をはせるのでしょう。

何度かブセナのスタッフさんから テラスクラブを薦めれていたので
今回 念願かなって宿泊でき 本当に良かったです。
今すぐにでも 再び訪れたいホテルです。

↓ ブセナテラス ロビーから見るエントランス

お世話になりました ブセナテラス



空港では 最後に 「 空港食堂 」 へ寄りました
ここは飛行機マニアや 修行僧の間で有名な食堂です。
ちょっと見立たないところにありますが 空港関係者も多く利用
しているようです。

最後に 飛行機の予約ですが JAL の 「 おともdeマイル 」 を
利用しました。
年内はクリスマスまで ( 12月25日 ) 設定があるようです。

空港食堂


次は 秋の東北旅行 宮城県 「 竹泉荘 Mt. Zao Resort & Spa 」 ↓
& 山形県 「 時の宿 すみれ 」 です。
( 2013年9月滞在 )

竹泉荘Mt.Zao Onsen Resort & Spa


↓ おまけの写真、 中伊豆の 「 東府やベーカリー&カフェ 」
( 2013年11月 訪問 )

ティーフォルテ、東府やベーカリー&カフェ


ここで出されている紅茶 「 ティー フォルテ 」 は竹泉荘にもありました。
今 はやっているのでしょうか?

「 東府やResort&Spa−Izu  」 では新しいヴィラを建設中でした。
( 2013年12月オープンだそうです )

murakinoriko at 01:13|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

2013年10月31日

2013,5 沖縄 ザ・テラスクラブ アット ブセナ 1

箱根 仙石原のすすき


今年は あっという間に秋から冬が来ようとしています。
↑ 写真は 箱根仙石原の ススキです。

秋は ちょこちょこと検査があり なかなか更新できませんでした。
今の病気の検査以外にもいろいろとあって。。。。

前の先生が 最後の挨拶代わりに私に言った言葉が気になって。
「 今の病気はコントロールできたとしても ほかのガンにかかる
可能性が高いよ 」 という言葉です。

それ以降 ちょっとの体調の変化でも ドキッとしちゃって。。。。

箱根 とらや工房


↑ 御殿場の 「 とらや工房 」 のカフェ
  ガラスの中で職人さんが和菓子を作っています。

本当に 失礼しちゃうわよね〜
この先、 自分が最後まで面倒見れない患者さんに
なんであんな捨て台詞みたいなこと言うのかしら?
罪作りよね〜  プンプン!
本当に 「 私 」 が かわいそうです。

テラス席でお茶


↑ とらや工房のテラス席で お茶とお菓子を 500円。

で、 で、 でも。。。  そうそう 忘れてたけど
今まで 先生の毒舌があったこそ 負けないぞ、 という気持ちで
ここまで来たのでした。
だとしたら この最後の毒舌も これからも負けないで、 という 
あの先生らしい私へのエールだったのかもしれません。
( いやいや それは ないだろう、 でも まぁ。。。 )

しかたがない、 そう思うことにしようっと!

ということで いくつか検査を受けていますが
そんなことで びくびくしてたら もったいないよね〜
だから 9月は 遠刈田温泉の竹泉荘 〜 山形の時の宿すみれ
に行ってきました。
どちらも すごく良かったです、 沖縄の次にお知らせしますね。


さて だいぶ季節外れの内容になってしまいますが 
2013年5月に訪れた
沖縄、 「 ザ テラスクラブ アットブセナ 」 の様子を
綴ってみます。

2013,5 沖縄へ


GWもお仕事だった主人が 沖縄でのんびりしたいというので
以前から ブセナテラスのスタッフさんに勧められていた
「 ザ テラスクラブ アット ブセナ 」 滞在の旅行を
5月中旬に計画しました。 ( NYに行く前の旅行です )

 
羽田 さくらラウンジ


主人は 仕事を午前中で切り上げ 午後から2泊3日の旅行です。

羽田 さくらラウンジ


午後の出発なので 沖縄に着くのが4時過ぎ そしてレンタカーを借りて
高速で 名護のホテルまでは 空港着から2時間くらいかかります。
夏の繁忙期だと 空港からレンタカー屋さんまでのバスに乗るにも
かなり時間がかかります。
そしてレンタカー屋さんに着いてからも カウンターでの手続に
さらに時間がかかります。

今回は 夕方着なので それほどの混雑はないと思いますが
少しでも早くレンタカーを借りたいと、 いろいろネットを探すと、 
あるんですね〜  こういうプランがありました。
「 ファースト25 」

↓ 「 ザ テラスクラブ アット ブセナ 」 入口です。

テラスクラブ外観


このプランを利用したおかげで 那覇空港に到着してから 
レンタカー出発まで 本当に25分でした。
( 1日目の16時〜3日目の15時まで、 Sクラス9880円でした )

ファースト25のおかげで まだ明るいうちにホテルに到着出来ました。
( ↓ 写真は夜 撮ったものです )

ホテル入口


「 ザ テラスクラブアットブセナ 」 はブセナテラスに向かう道の
右側に入ったところにあり お子様は宿泊できない大人のホテルです。
外観はマンションチックな建物ですが ロビーを入ると。。。

テラスクラブアットブセナ ロビー


ロビーの向こうは 海!
開放的なロビーです。

ロビー


あいにく沖縄は すでに梅雨に入ったところで
いつもの素晴らしい景色は望めませんでしたが
それでも やっぱり沖縄の海は とってもきれいでした。

オープンエアーなロビー


ロビーで手続きをして 黒糖ジンジャーティを頂きました。
凄く美味しいジンジャーティ、 レシピも頂きました。

ロビーの向こう側の海辺はこんな風になっていて 
いつでもオーシャンビューを楽しめます。

ロビーの外


私たちのお部屋はオーシャンビュールーム3901です。

さぁ向かいましょう

ロビーと宿泊棟を結ぶ回廊


お部屋のタイプは4種類あります。

下の館内図を見て頂くとわかるように 建物はL字型になっています。
右側の4部屋が ブセナテラスへ入っていく道沿いが見えるお部屋で 
2,3階が クラブデラックス 4階以上が ブセナ側の海も見える
クラブデラックスサンセットと 名づけけられています。

こちら側は ブセナテラスの施設が見えるので夜景もきれい楽しめます。

館内図3901号室


そして 下側の4室が クラブデラックスオーシャンです。
そのうち 真ん中の2室は2ベッドルームになっています。 ( 6〜9階の場合 )

こちら側は遮るものが全くない 素晴らしいオーシャンビューです。

どんなお部屋でしょう


デラックスオーシャンビュー


真っ白なベッドが素敵なお部屋です。
間取りは ジアッタテラスのお部屋に似ています。

ベッド


海に向かって半分はベッドスペース 半分がリビングスペースに
なっていて 家具もゆったりと配置されています。

リビング


↓ ベッドからリビングスペースを見たところ。

ベッド側から


右側にドリンクカウンターが その奥はクローゼットです。

テーブル


背の高いテーブルとイス、 
テーブルの上には貝殻を中に入れた万華鏡が置いてあります。

万華鏡万華鏡


ドリンクテーブル


ドリンクカウンターには 湯沸しポットにコーヒーマシーン、
無料のお水 お茶セットなど ( どれも無料です ) が置いてあります。

飲み物他


入口方向からリビングを見る

リビングとドリンク台


そしてベッドの横に バスタブがあります。
バスルームからも海が見えるようになっています。
もちろん しきりには扉が付いているので 
閉めて見えなくする事もできます。

バスからの眺め1翌日 バスから


ベッドからバスルームを見る


ベッドからバス、洗面を見る


↑ バスタブの向かい側にダブルシンクの洗面台があります。

↓ 右の2つのガラスのドアは トイレとシャワールームです。

バスルーム


アメニティは 「 タルゴジャポン 」 ( ブルーのチューブ ) 
小さいですが 化粧水 乳液 クレンジングの3点セット 
( 四角い箱 ← タルゴジャポン製の月桃葉エキス入り )
入浴剤なども ありました。 

バスルーム アメニティ


曇り空ですが 海はこんな感じで見えます。
やっぱり沖縄の海はきれいですね〜

ベランダを見る


ベランダ


↓ お部屋のレイアウトです。

テラスクラブ アット ブセナ


↓ 参考までに ブセナ側の2,3階のお部屋、 クラブデラックスです。
この日は 夕方で曇りだったので お部屋全体が少し暗い感じですが
HPを見ると お天気がいいと明るいようです。

参考 2階のお部屋2階のお部屋


このクラブデラックスのベランダからは 海は見えません。
ブセナテラスに向かう車や人が見えます。
でも 広さや備品などは どのお部屋も同じです。 

私たちは のんびり寛ぐつもりでオーシャンビューに滞在したのですが 
タラソプールを利用したり お昼を食べに外出したり 
無料のアフタヌーンティーや これまた無料のカクテルタイムを
楽しんだりと 毎度のことながら結構忙しく 動いていたので
当初の目的通りに ベランダでゆっくり寛ぐ時間は 
ほとんどありませんでした。

でもやはり 朝起きて まぶしい海を見ることが出来たのは
心も洗われ 素晴らしいものでした。

ホテル外観ホテル外観


お庭には 大きなインフィニティプールと 
タラソプールがあります。
タラソプールは 冬でもはいれるように温水になっています。

水着で入るのですが ラッシュガードや水着用のズボンなども
着用出来るので 恥ずかしくはありませんでした

たまたまお昼に名護方面に行ったので 途中のスーパーに寄り
ラッシュガードなどの水着用品を買いました。 
東京より沖縄のほうが品数も多くて お安いので助かりました。

プールの写真とともに 上記の検査以外の私の話です。
( えっ まだあるんかい病気ネタ? なんて言わないでね )

プールとスパプール


↑ 左がプール 右がタラソプールです。

2年前に 治験を受け 今は 3カ月に一度CT検査と
毎月の診察を受けているところです。
今年の11月末で 治験開始からちょうど2年経つので 
これで治験は終了になります。

本来は この治療を6回受ける筈でしたが 血液値が大変悪くなり
この先 この治療を進めることは危険ということで 
治療そのものは たったの1回で終わってしまいました。

2つのプール


タラソプールは写真禁止ですので 客室の外廊下から
見ることが出来ます。 結構広いんです。

ウエルネスプール


けれど治験というものは その結果を含めての参加なので 
たとえ一回の治療でも その後の 私の様子を 2年間
観察し続けているのです。

途中で 再発したり 別の治療が始まったりした場合は
その時点で治験は終了になります。

そしてありがたいことに 私は今まで何とか 再発は免れ 
こうして生活できています。

だから私は たった一回といえども この治験に参加できたことは
とてもありがたいことだと思っています。

プール


2年間の間 時々 治験を受けた人向けに
新たな副作用や 亡くなった人の人数などが更新された冊子が
手渡され その内容を読んでサインをするという作業があるのです。
前回診察に行った時も コーディネーターさんから 新しい冊子を頂き
新たに書き加えられた事象の説明を受け サインしました。

プール


( ↑ 2泊3日のうち真ん中の日だけ 午後に少し薄日が差してきました。
  やはりお天気がよいと 海とプール、 素晴らしくきれいです。 )

その時 何気なく質問したんです、
「 この薬いつ世に出るんですか? 」 と。

そしたら コーディネーターさんは ちょっと言いにくそうに
「 この治験、 紀子さんが最後で終わるのよ 」 と。。。

( そういえば 最後の枠で入れてもらった治験だったわ。。。)

プール スパ棟


「 えっ終わっちゃうの? じゃ世の中に出ないという事ですか? 」 

たしか本屋さんで読んだ 「 薬特集 」 の雑誌には
このお薬、 今、治験中で そろそろ、 みたいなことが
書いてあったのに。
どうして? と聞くと。。。。

プール


「 個人的にはとてもいい薬だと思っていたのよ、
どうして中止になったのかは分からないけれど 私の感じでは
ちょっと製薬会社の方が ボヤボヤって感じだったわ。
でも副作用とか安全性とかの問題ではないから 安心してね。 」 と。

ボヤボヤって 後手後手というか サクサクやってなかったというか。。。
それほど力を入れていなかった、 という感じなのかな〜

そして 「 でもね、 ○性○ンパ腫では中止になったけど 
白血病の薬としての治験は続いているのよ 」 と言っていました。

プール


そうなんだぁ〜
( 私が雑誌で読んだのも 白血病の薬として、という事だったかも )

私も たった1回しか治験に参加できなかったのだから 
何とも言えないけれど やっぱり ちょっと さみしいよね。
でも 他の治療の役に立つのなら それはうれしいかな。

コーディネーターさんは
「 紀子さんは とってもラッキーだったのよ。
だって このお薬を使うことが出来たのですもの。
この先は もう使えなくなるんですから。。。 」 と言ってくれました。

プールプール


ありがたいね〜 そんな風に言ってくれて。
そうだよね〜
ラッキーだと思わなくてはいけないよね〜

プール


ということで その日は さみしいような ありがたいような
何とも言えない気持ちで 病院から帰ってきました。

世の中に薬が出るということは 大変なんだねぇ〜〜〜

夜のプール


さてさて 綺麗な夜のプールの写真です。

夜のスパ


↑ 森の上にあるのが マリオットホテルです。

夜の回廊


↑ ロビーと宿泊棟をつなぐ夜の回廊です。

夜の寝室


今回は 主人のお誕生日記念で泊まったので
ホテルのテラスメンバーズという会に入会しました。
入会費1万円 年会費5千円、 ですが
ペアディナーと お誕生月に宿泊すると ケーキとシャンパン付き
という内容だったので ( 他にも飲食代やゴルフの割引などあり )
会費分の元はとれるかと思い 入会しました。
詳しくはこちらです。

お誕生日のカード


↓ その お誕生日特典の ( お豆腐の ) ケーキです。

クラブラウンジで


海を見ながらのケーキタイムは それはそれは 素敵でした。

このホテルにはクラブサービスが すべてのお部屋についているので
午後のお茶 〜 夕方のカクテルタイム とお楽しみがいっぱいでした。

次回は お食事とクラブラウンジサービスの様子です。


murakinoriko at 20:11|PermalinkComments(17)TrackBack(1)