2014,7 東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山

2014年10月22日

2014 七夕会 〜 起雲閣、 東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山

3週間も滞っていました私のブログ、 
やめていませんので またお付き合い下さいね♪

↓ 熱海 ミクラスカフェ

熱海 ミクラスカフェ


10月の3連休は広島に行って マツダスタジアムでCSシリーズの
応援をして来ました。 ( 対阪神 パブリックビューイングです )
1敗1分け ということで これでカープの今年は終わりました。
帰りの日には台風が来て 急に寒くなり すっかり季節は
変わっていました。

カープ応援 


そんなこの頃ですが 夏のはじめに訪れた 
会員制のリゾートクラブ 「 東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山 」 での
1泊旅行をご紹介します。

↓ まずは熱海駅から歩いて10分程 海に面しているステキカフェ
  「 ミクラスカフェ 」 ( ホテルミクラス1階 ) でランチをしました。

ミクラスカフェ メニュー


この旅行は 以前も何度かブログに書いていますが
以前お勤めしていた会社の同期のお友達と 毎年7月初めに1泊で
旅行しているもので 「 七夕会 」 と名付けられています。
最初のうちは ランチでしたが ここ数年は旅行になっていて
すでに30年以上続いている企画です。

起雲閣


今回は 宿泊が熱海でしたので ミクラスカフェでお食事をして
その後 歩いて 「 起雲閣 」 を見学してきました。

起雲閣は なんと 「 花子とアン 」 の 白蓮さんの嫁ぎ先のお屋敷
として撮影をしたところです。

玄関先に控えめに 「 花子とアン 」 のポスターが出ていましたが
積極的には宣伝していないようでした。

花子とアン


私も ここが撮影場所とはまったく知りませんでしたが 
お友達の一人が ( このメンバーはみなさん朝ドラ好きなので ) 
すでに見学をした事があり ここを選んでくれました。

↓ お庭から見るお屋敷

お庭


お庭


↑ テレビで 九州の話になると 最初に出てくる場面が
  このお庭の景色でした。

素晴らしくきれいに手入れをされたお庭を囲んで
日本家屋と洋館の棟が ぐるっと建っています。

各お部屋には 係りの方がいて 説明をしてくれます。
一番いい写真のアングルなども 教えて頂きました。

洋間


少し前まで 旅館になっていた和室。

和室


↓ 一つ一つが 文学者ゆかりの内装になっている部屋。

客間


雰囲気としては 今年最初に泊まった 「 三養荘 」 に
似ていました。
が 市街地にあるため 回りは建物に囲まれています。

だから余計 ここだけが別世界のような感じでした。

↓ 旅館時代に使っていた ローマ風呂。

ローマ風呂


喫茶室もあったので そこで ゆっくりお茶をして
その後 今日の目的地にタクシーで向かいました。


「 東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山 」 です。

外観


伊豆山とは 東海道線、熱海駅から 少し東京寄りの
山のあたりを指します。
ハーヴェストクラブ熱海伊豆山は 駅からタクシーで行くと 
星野リゾート 「 界熱海 」 を過ぎた先に堂々と建っています。

途中に建っている 「 界熱海 」 は以前の 「 蓬莱 」 です。

今から25年くらい前に お友達と伊豆に行った際 
蓬莱の別館 「 ヴィラ・デル・ソル 」 でランチをした事がありました。

なぜ行ったかと言うと お友達の一人が 渡辺淳一の小説
「 うたかた 」 ( 確か? ) に 蓬莱の走り湯が登場していて
いつか蓬莱に行きたい、 と言っていたので 
蓬莱には泊まれないけど 別館の 「 ヴィラ・デル・ソル 」で
お食事をしましょう、 ということで行ったのです。

その時は まだまだ若くて こんな高級宿には 泊まれない、と
思っていましたが 今思えば 時間が経つと泊まれるというものでもなく
お宿そのものが変わってしまった今となっては
無理してでも 泊まればよかった、 と後悔しています。

そんな事を思い出した 伊豆山です。

東急ハーベストクラブ


タクシーで 山をぐるぐる登って ようやく着きました。 
このドアを入ると。。。

このドアを入ると


お〜〜〜〜 この景色!!!

この景色!!!


横に広がっているロビーを抜けると 真正面にこの景色が
広がっています。

海に面して


右を向くと熱海の市街地が望めます。

熱海市街と眺める


お部屋に行く途中にも こんな眺めが。

こんなスペースも


お部屋に行く廊下の途中に 大きなテラスがあって 
ここからも この海の景色が眺められます。
ソファーもあって ゆっくりとくつろげます。

この景色


さて お部屋に入りましょう。
5人での宿泊だったので和洋室です。

ソファースペース。

和洋室1


その横に2台のベッド

和洋室2


ソファーの後ろに6畳の和室があり お布団を3枚敷きました。
2面をカーテンで区切れるようになっています。

和室


そして 正面からの眺めは もちろん海です。

ソファーからの景色


ベランダから眺める 相模湾の海

ベランダからの景色


↓ バスルームは 残念ながらユニットバスです。

バスルーム洗面台


でも後で書きますが とても眺めの良い大浴場と 開放的な露天風呂が
別棟にあるので 室内風呂を利用する方は 少ないのではないでしょうか? 

洗面台も2ボウルで 大人数での利用にはとても便利でした。


夕食は 和食をいただきました。

和食 レストラン


レストランからも 素敵な景色が眺められます。

レストランからの眺め


夕食は 和食レストラン 「 きらく 」 
コースは 「 凛 」 6480円です。 

メニュー1メニュー2


私達は それほど大食漢ではないので 量は控えめのコースです。
 
前皿


お造り

お造り


和牛の味噌漬け 鮎の七味焼き

鮎と和牛


煮アナゴ

お食事 煮アナゴ


+ デザート というコースでした。

賑やかなおしゃべりと 夕焼けの素晴らしい景色とともに
とてもお美味しく頂きました。


朝のレストランは 「 オリーヴァ 」、 ビュッフェです。

朝食レストラン


朝食バイキング


最後にお風呂の紹介です。
( お掃除中に写真を取らせて頂きました )

大浴場


パウダールームは広々しています。

パウダールーム


室内の大浴場からも海が見えます。
海を見るには 明るいうちに入った方がいいですね。

大浴場 室内


何と言っても 外のお風呂が素晴らしかったです。

外のお風呂1


海に面して 断崖絶壁に建っているのでしょう。
真正面は 何も遮るものもない 海です。

外のお風呂2


こちらもやっぱり 明るいうちに入った方が海が見えて
いいでしょうね。
 
お風呂


お部屋 お食事 お風呂と 十分堪能しました。

帰りは熱海駅までの送迎バスを利用しました。

バスが出発する時には スタッフの皆さんのお見送りがあります。
にこやかに手を振って見送って頂けるとは、 おもてなしの心が
溢れていて すごく嬉しかったです。

お見送り


最後に全景の模型です。
このように かなり大きな規模で 建物も何棟かあります。

建物模型


↑ 私たちが泊まった和洋室は 多分この黄色い部分だと思います。

模型を見ると分かるように 建物が分かれているので
レストランやお風呂に行くのにはかなり歩きますし 
1度では 分かりづらい配置になっています。
私たちは 何度も間違えてしまい あちこち迷ってしまいました。

お部屋は2315室でした。

2315号室


普通のお部屋棟のほかに VIALAという高級な棟もあって
そちらはもっともっと豪華なようでした。
今回は VIALAは空いていなかったので 普通のタイプのお部屋に
なりましたが 次回はVIALAが取れたらいいね、 と
予約してくれたお友達は言っていました。
でも 今回のお部屋でも十分良くってよ!

↓ だって 料金が これなんですもの。

会計


お部屋代 1名 4536円 + 入湯税150円
夕食代   1名 7300円 ( 飲み物含む )
朝食代   1名 2050円  
( お食事代には もしかしてサービス料もかかったかも。。。 )
計 1名 約15000円 以下でしたから。

ハーヴェストクラブは リゾートトラストとよく比較されていますが
こちらはまだ新しい建物なので 箱根離宮と同じランクのような
感じがしました。
でも海が目の前に見えるって それは海好きの私にとって
とっても 満足な宿泊になりました。

七夕会では ハーヴェストは 箱根甲子園 箱根翡翠 軽井沢 と
宿泊して来ました。
またそれ以外は お勤めしていた会社の保養所や 契約の宿を
利用して ( 箱根離宮など ) お財布に優しい旅行をしています。
これからもずっとこの旅が続いたらいいな〜と 思っています。

いつもハーベストをとってくれるお友達に 感謝しています。


旅の最後は MOA美術館です。 

MOA美術館


私は このMOA美術館が大好きで 熱海に行くたびに
何度か行っています。
行くたびに 建物の壮大さに感心してます。

館内


日本庭園もきれいだし ショップでのお買い物も楽しいです。

日本庭園、お茶室入り口


2014年の楽しい七夕会は  ハーヴェストクラブ熱海伊豆山でした。


次回は 11月初旬に行く 「 バンコク旅行準備偏 」 を
お届けします。

クイーンアリス みなとみらい


↑ 「 クイーンアリス 横浜みなとみらい 」 のランチ
今まで撮りためて来た ランチの写真なども織り交ぜて
グルメ 準備偏になる予定です。




murakinoriko at 22:37|PermalinkComments(7)TrackBack(0)